すい臓ガンにビワ温灸

岩手県盛岡市 ラ・ムーリア 軍司守俊 代表


すい臓ガンの男性(57)は、病院で3ヶ月間に渡って三大療法(手術、抗ガン剤、放射線)を受け、特に2ヶ月間は抗ガン剤と放射線をダブルで受けたそうで身体はボロボロ、初めてうちに来られたときは手すりに両手でつかまり、やっと階段を上れるというフラフラの状態でした。

最初のビワ温灸が終わったあと大きなおならが出ました。
それまでは殆ど出ていなかったとのことでお腹が楽になり、腸が動き始めたのを感じて「これは良さそうだ」と通われるようになりました。

体調の回復は順調でした。退院直後は余命2〜3ヶ月といわれていたそうですが、食欲も出てきて1ヶ月ほどでかなり改善の兆しが見られました。

私の行なう施療は、ビワ温灸が40分、そのあとヒーリング手当てを15〜20分、さらにゆっくりお茶を飲みながらお話をし、呼吸法や簡単な瞑想法などを指導・アドバイスさせて頂くというものです。

このヒーリング手当ては、掌や指を触れるので傍目にはレイキヒーリングに似ていると思いますが、経絡とは違って任脈・督脈の流れを感じつつ相手と波長を合わせながらイメージでエネルギーを調節していく独自の方法です。

とくに頭部を大事にします。頭部からゆっくりとヒーリングを始め各チャクラを感じつつ、任脈・督脈を活性化させ、患部にも行ないます。
この男性は呼吸法が気に入り、朝散歩に行かれると気の良い場所で呼吸法を行ない、家の中では座禅を組んだり、ご自分でも努力されました。
3ヶ月が経った頃には、見違えるほど元気になられました。日常生活は全く問題がなくなり、運動も始められ、朝の散歩にしても足に砂袋をぶら下げて山道を1時間も歩かれるのですから、普通に健康な人は顔負けです。

病院の定期検診でCTを撮ったり腫瘍マーカーを測定していましたが、いずれも安定していてむしろマーカーは下がった数値で推移していました。
うちに来てから10ヶ月が経って、ご本人も相当に自信がついたようで「もう自分でやれるから大丈夫です」と言われ、施療を受けるのをやめられました。

相手はすい蔵ガンです。過信してはいけないとは思ったのですが、ご本人の意思を尊重しました。
それから3ヶ月でした。
容態が悪化し、亡くなってしまわれました。
結果は非常に残念でしたが、延命の期間ビワ温灸とヒーリングの併用で随分充実した日々を送られたと思います。

胃ガンにもビワ温灸

現在、胃ガンで入院されている方は足のむくみがひどいのでリンパマッサージを行ないつつ、エネルギーの調整をしています。

去年3月、胃ガンが進行しており余命は3ヶ月〜半年と宣告されたそうですが、現在も闘病生活を続けておられます。
この方も入院前は、ビワ温灸とヒーリングですごく元気になられたのです。

ただ、元気になると釣りに出かけたり、桃狩りに出かけたり、さらには北海道旅行にまで出かけたりするものだから、そのたびにガタンと体調を崩してしまいました。
とくに8月の北海道旅行が響き、とうとう入院を余儀なくされました。
私もやんわり行かないほうが良いと助言したのですが、あとでご家族に聞くと医師から余命を聞かされて諦め、せめて出来ることをさせてあげたいとの思いだったそうです。

ガンはけっして治らない病気ではありませんが、かといって生易しいものではありません。
優しすぎてはいけないと私自身反省しています。
ガンという病気は、諦めることはありませんが、過信してもいけません。ビワ温灸は本当に支えになってくれますから、一時的に体調が良くても悪くてもあまり一喜一憂せず淡々と継続していくことが大切だと思います。

◎ラ・ムーリア
岩手県盛岡市紺屋町3−10
TEL:019−651−7497

『ビワと健康』  2006年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > すい臓ガンにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入