むちうち症と打撲が改善

大分県大分市 清水整体院 清水寛久 院長

交通事故によるむちうち症(頸椎捻挫)と足首の打撲がビワ療法を併用した施療で改善した女性(29)がおられます。

この方は、助手席に乗っていて後ろから来た車に追突されたのです。
相手の車は時速50〜60km、ノーブレーキだったためかなりの衝撃で、事故直後から吐き気がして救急車で病院に搬送されたそうです。

事故当日、病院帰りに当院に来られました。以前に首や腰の痛みで当院に通っていたことがあったからです。
頚部の施療は、微弱電流を6分ほど当ててからビワ温灸をポイントを絞って行ない、さらに湿布で冷やしつつ固定する方法をとりました。
まだ吐き気が続いていましたし、炎症を起こして熱をもっている状態ではへたに手技を行なうことはできません。

ビワ温灸も痛みを抑える目的で胸椎の上部と後頭部に慎重に施しました。
この時点では足の打撲について本人に自覚症状がなく、初回は頚部のみの施療としました。

次に来院されたときは左足首が紫色に変色し、強く踏みしめたり触ったりすると痛みがあるとのことでした。
ビワ温灸を行なおうにも器具が触れるだけで痛むという状態だったので、ビワエキス湿布をおこなうことにし、就寝前、キッチンペーパーにビワエキスを浸し、ラップで巻いてそのまま寝るよう指導致しました。

翌朝には、一瞬紫色が取れたように思えたらしく半日歩いて痛みが出てしまったのですが、約3日でほぼ普通の皮膚の色に戻り、1週間できれいになって、2週間ほどで痛みも完全になくなりました。
その間、毎晩ビワエキス湿布を続けてもらいました。

頸椎の方は、前述の施療を3週間余り続けることで全く不安がないところまで改善しました。
雨が降る前に痛むというような後遺症は残したくなかったので慎重に対処し、予防の意味でも暫く施療を続けました。

実はこの方は、現在も週1回通っています。
それは事故の施療とは無関係で、もともと腰が弱かったため一度総合的にクリアにしておきたいという希望からのものです。
とにかく、衝撃が大きい事故だったわりに比較的早く改善が得られ、良かったと感じています。

◎清水整体院
大分県大分市下郡中央2−10−45
TEL:097−569−6167

『ビワと健康』  2005年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > むちうち症と打撲が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入