乳ガンの腫瘍が縮小した

千葉県在住 板垣さち子 さん


昨年2月に乳ガンを告知され、不安な気持ちでいたところ娘夫婦がビワ温灸器セットとビワの葉温熱療法を通じて快復された方々の体験談が載った機関紙を持ってきてくれました。

半信半疑ながら祈るような気持ちで手術までの期間、ビワ温灸器を試してみることにしました。
毎日朝夕40分前後、主人が当ててくれたのですが、幸いなことに娘の住まいと貴普及会の事務所が近かったこともあり、不安に感じることなどを伝えてもらってアドバイスを頂くことができて、とても助かりました。

ビワの葉温熱療法を始めて半月が過ぎた頃、脱力感が続き不安を覚えましたが、その後スーッと消えるようになくなりました。おそらく体調好転反応だったのだと思います。
告知から2ヶ月後に手術を受けました。

術前検査では、腫瘍の大きさが2.8cmかそれ以上と診断されていましたが、摘出したところ1.8cmとのことでした。
手術までもっと時間があれば腫瘍はさらに小さくなっていたのではないか、と思います。

術後、放射線治療を受けましたがホルモン療法は断り、ビワの葉温熱療法、ホメオパシー、フラワーエッセンス(パッチフラワー)による自然療法を行ない、現在も続けています。

ビワの葉温熱療法は副作用がなく、他の自然療法と敵対することなく、むしろ相乗効果で快復が早まるように感じられ、とても素晴らしい療法だと感じます。
その他にも腰痛、足の冷え、貧血が改善されました。

また、15年前から患い医師に手術を勧められるほど巨大だった子宮筋腫が、先日の検査で全く問題ないくらい小さくなっていることも判りました。
各種療法に加え、食事を改善したことの影響も大きかったと思います。

宿便も改善した

昨年11月頃のこと。5日間くらい毎日4〜5回大量に排便し、身体がフワフワ浮いているような不思議な体験をしました。
これは、宿便だったのだと思いますが、今でも3ヶ月に一度くらい定期的に大量に便が出ます。
体内毒素をきちんと排出できる身体になり、体重も5kg減って軽快です。

最後になりましたが、今まで健康だと思っていた自分はなんて不健康だったのだろうとビワの葉温熱療法やその他の自然療法を通して思い知らされました。
やはり”自分で作った病気は自分でしか治せない”のだと思います。

現在は、主人と交代でビワ温灸器を当て合っていますが、これからもビワの葉温熱療法は続けていきたいと思っています。
私の体験が少しでもお役に立てれば幸いです。

『ビワと健康』  2005年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンの腫瘍が縮小した
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入