皮膚疾患にビワエキス

くすりのホワイト健康生活館 スタッフ 吉竹都さん

腰痛や肩こり、冷え症等で全身にビワ温灸の施療を行なっている人の中に、時々水虫の症状が見られる方がいます。

水虫の施療を目的に来られていないので、敢えて水虫か否か確認はしませんが、そういうときはビワエキスをカット綿に含ませ、拭いてあげています。

施療のたびにそれを続けていると明らかに改善していると感じることがよくあります。

夏の初めに来られた60代後半の女性は、水虫とおぼしき湿疹が足裏全体に出ていました。

皮が剥けているひどい部分とポツポツの水泡部分が混在しており、普通の塗り薬では浸透が難しそうに感じるケースで、『これはビワエキスがいいな・・・』と直観しました。

この方は週1回通われ、トータルで2ヶ月間施療されましたが、最後の頃にはビワエキスを必要としないくらい足裏がきれいになっていました。
水虫の症状かどうかを確認したわけではありませんし、ご本人が何か別に手当てされたことだって考えられるので断定こそできませんが、皮の剥けていたところがツルツルしてくるにつれて喜んでおられる様子から、毎回行なったビワエキスの塗布が奏効したという感触がありました。

同様に肌のトラブルでもっと明確な例では、50代前半の女性がおられます。
この方は水虫ではなく、両手の肘の内側がまるでアトピー性皮膚炎のように湿疹が出来ていました。

やはりビワエキスを塗布しましたが、2、3日経って来られ、「(湿疹が)枯れました」と喜ばれ、ビワエキスを購入されました。

10日ほどして、また来られました。「本当に良いですね」とすっかり気に入っておられるので、「アトピーですか?」と訪ねたところ、「多分、犬を飼っていて何かアレルギー反応を起こしているみたいです。主人もおなじようになっていますから・・・」と言われ、ご主人にも付けたいからと再び買い求めていかれました。

ビワエキスは虫刺されでも重宝します。
ダニに噛まれるといつまでも痒いものですが、15年ほど医薬品の販売に携わってきた私の経験から、副腎皮質ホルモンの含まれる薬剤より、ビワエキスの方がよほど痒みを止めてくれますし、何度塗っても害がないのでお奨めです。

また、ベーチェット病で通われる70代前半の女性は、ゲルマニウムのネックレスで金属アレルギーを起こし、湿疹が出てしまいました。
かぶれて、痒みが出ていたのでビワ温灸を当てるのは控え、ビワエキスのみ塗布しましたが、痒みが収まり喜ばれました。
大人であれば、あせもでも大丈夫です。子供だと沁みて痛がるかもしれませんが、大人だとむしろ”痛ぎも”で、赤みはすぐにひき、痒みも取れます。

水虫、アレルギー、虫刺され、あせも・・・。夏場に起こりやすい皮膚疾患には、ビワエキスが本当に役立つと自信をもって言えます。

◎お問い合わせは、くすりのホワイト健康生活館
TEL:0120−368−170

『ビワと健康』  2005年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 皮膚疾患にビワエキス
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入