顔面神経マヒが短期改善

北海道釧路市 菅原整体院 菅原健院長


今年、寒い時期でしたが顔面神経マヒの女性(69)が来院され、ビワ温灸を併用した施療により短期間で改善した例があります。

症状は突然現れたそうです。顔面の左半分が完全にマヒし、口がギューッとよじれて、左目は開け閉めがちゃんとできず、うがいも歯磨きもままならないといった深刻な状況でした。

違和感を感じてすぐに脳神経外科に行かれたそうですが、治療は5分程度の低周波をかけることと自分で行なうマッサージを指示されたのみで不安が拭いきれず、2、3日経って当院を訪ねたとのことでした。
にわか勉強ながら、私にも短時間の低周波だけでは早期回復は難しそうに思えました。
施療について「何かできますか?」と聞かれ、即座に頭に浮かんだのがビワ温灸でした。

ビワ温灸には以前から興味がありました。症例等も色々調べて『良さそうだ』との感触があってほとんど購入直前といった状況だったのです。たまたま、この方が「鍼は苦手」と言われたことから、これを機に導入を決めました。
1日置きに来院して頂き当初は整体のみで対処し、温灸器が届いた3回目辺りから整体とビワ温灸の併用治療に切り替えました。

予想した通り、ビワ温灸には好印象をもたれた様子でした。
ただ、病状が急性期であったため「暫くはマヒが進行するかもしれませんよ」と初回時に伝えた通り、症状はやや悪化するような局面が続きました。

しかし、この方自身がビワ温灸のもたらす心地よさと香りによるリラックス効果が『体に良い』と実感されたことで、やがてご自身の判断で低周波の治療を止め、整体とビワ温灸の施療に専念するようになりました。

そもそも、発症の原因として思い当たるのが、目の手術をしたこと、風邪を引いていたこと、お母さんを亡くしたことなどの要素が重なり、疲労が蓄積した状態だったとのことでしたので、ビワ温灸が有効であろうと感じられました。
薄皮をむくように・・・という言葉がありますが、本当にそういう感覚で施療の回を重ねるごとに改善の兆しが現れました。

初めのうちは顔面の左右に均等にビワ温灸を施しても左側は全く熱を感じませんでした。
1週間、2週間と続けるうちに左側も徐々に熱感が戻り始め、3週間経ったところで左右同等に熱が感じられ、筋肉のひきつれも取れて見た目にも普通の状態に改善していました。
ビワ温灸導入から間もなかったわけですから、正直なところ私自身もこの変化によって確信を強めることとなりました。

結局1ヶ月で施療は完了。完全に回復したのです。
ご主人や妹さんもびっくり。とても有難がられて、代わる代わる整体にかかられるということまでありました。
正味3週間の改善は、早かったと思います。

ビワ温灸は、初めのうちはうつ伏せで足裏から脹ら脛、膝裏、腰、背中、肩、首へと施し、次に、仰向けで顔面の三叉神経を中心に教科書通り1時間ほど施しました。
微かに左側にも熱を感じるなどの改善が見られ始めてからは肩から上にポイントを絞り集中的に30分ほど施しました。

また、自身で行なう顔面の整体を紹介し、それを忠実に続けられた努力も大きかったと思います。
顔の中央から外に向かって筋肉をほぐす方法で、下の方から順に顔全体丁寧に行なうと5〜10分かかるのですが、私は「朝、昼、晩必ずやってくださいね」とお願いしました。おそらく、ご本人はそれ以上やられたと思うのです。

多くの病にとって冷えは大敵です。まして、ここ北海道は、病人にとって冬が長く厳しい環境です。
その意味でも体を芯から温めるビワ温灸は大変有効で、神経痛や座骨神経痛、腰痛の方などの施療でもビワ温灸を併用し、とても喜ばれています。

◎菅原整体院
北海道釧路市若竹町18−20
TEL:0154−25−2537

『ビワと健康』  2005年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 顔面神経マヒが短期改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入