脚の麻痺が治った!

神奈川県平塚市 青木勲 さん (86歳)


3月初め、外出先から帰宅後1時間ほどして、突然右足が動かなくなった。

いったい何が起きたのか自分でも理解できず、どうにか左脚1本で立ち上がったものの歩けず、日が経つにつれ症状は悪化した。

やがて歩くどころか立ち上がることすらできなくなり、部屋の中を這う生活が1週間ほど続いた。

若い頃、大病もしたが特に後遺症が残るようなことはなく、むしろ最近は糖尿の気がある程度で、健康には自信があった。

昔から仕事は勿論、何事も《なにくそ》の意気込みで乗り切るのが私の信条。今回も自力で立ち上がろうと努力したが、もがけばもがくほど空回り。どうにも身体がいうことをきかなくなり、やむなく総合病院で検査を受けることにした。
しかし、あらゆる検査の末、原因は分からずじまい。入院も勧められたが、結局断った。

昨年妻を事故で失い、開発に伴う引っ越しが間近に迫り、そして、突然の脚の不調…。
立て続けの不本意な出来事にさすがにダメージを感じたが、知人の I さんが、心配してビワの葉温灸器を持って訪ねてくれた。

私の母親は女医だったが、よく「民間療法は馬鹿にできない」と言っていたことを思い出し、委ねる気持ちで I さんの施術を受けた。
I さんは約1時間半かけて、指圧とビワの葉温灸をしてくれたが、実に身体が温まり、気分もすぐれた。

温灸が終わるなりトイレに行きたくなり、「本当に効き目があったのか試してみたい」との衝動にかられつかまり立ちしたところ、よろめきながらも立ち上がれ、ふらつきつつも1人で用を足すことができた。

脚の感覚が戻った

それまで力が入らなかった右脚に感覚が戻ったことに驚かされ、この日は娘の手を借りて入浴もでき、夜も良く眠れた。
4〜5日後、2回目の温灸手当を受けたが以来回復は顕著で、半月後には自転車にも乗れるようになった。

後で知ったのだが、I さんは長い間少林寺拳法をやっているそうで、武道家としての《気》とビワの葉療法の力が、私の《なにくそ》の精神を引き出す原動力になり、相乗効果で良くなったと思われる。

娘は私が自転車に乗ることを嫌がるが、私は徐々に走行距離を伸ばして脚の完全治癒に努めている。
原因不明の病気をわずか2回の手当でここまで回復させてもらったことに大変感謝している。
『ビワと健康』  96年5月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 脚の麻痺が治った!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入