半身マヒが一気に改善

大阪府大阪市 南鍼灸治療室 南奈緒代表

東京にいる私のおじ(50代後半)は、仕事が非常に忙しく食事にも気を使う様子がないため以前から出張などでこちらに来た際には鍼治療をしつつ食事についても色々話をしていました。

しかし、なかなか聞き入れてもらえずにいたところ2年前の夏、とうとう自宅で倒れてしまいました。

すぐに病院に行ったものの右半身がマヒして歩くことすら困難で、人に支えられてやっと立っている状態でした。
その病院でリハビリ入院を勧められましたが、私の父が関係する病院に入院することを強く勧め、本人も納得して入院の準備をしてこちらに来ました。
ところが入院にはMRSAの検査など受診する必要があり、タイミングが悪いことに盆休みとぶつかって父の知人の医師が休みを取っていたりして、結局10日間入院出来ませんでした。
入院待ちの期間、うちで過ごすことになったので食事改善をしてもらうことにしました。
体を動かさないのに3食は多すぎます。

朝は11時ころに一食、夕方は6〜7時ころに一食の1日二食とし、本人が高血圧を理由に取ろうとしなかった味噌汁や漬け物などいわゆる伝統食といわれる和食を積極的に取ってもらいました。
本人は血圧が上がるのを心配していましたが、逆に血圧は下がりました。

食事改善とともに鍼とビワ温灸を行ないました。
朝はビワ温灸を行ない、夜は鍼とビワ温灸の両方を行ないました。鍼もビワ温灸も全身に行ないましたが、その威力は目を見張るばかりで、なんと2日目には歩けるようになり、せっかく持ってきた車椅子が要らなくなったのです。

ただ、鍼治療ではよくあることですが、施術を始めると却って体が動かなくなり、だるくて眠くて仕方ない状態になりました。
少し心配になりますが、1時間もすると今度はとても体が楽に動き始めるのです。

施術のたびにそういう状態になりましたが、これは自律神経のバランスが整う過程で振り子のように返しがあるのと似ています。
日を追うごとに改善が進み、受診日には多少ぎこちないものの一人で歩いて病院に行ったため、担当医から「東京に帰りますか?」と言われるほどでした。

当初、発症時の状況からみて3ヶ月間のリハビリが予定されていましたが、いきなり退院間近の患者さんのグループでリハビリの体操をすることになり、2ヶ月にして早々と退院してしまいました。
今回の治療を通じて、さすがにおじも食事の大切さが身に染みてわかったらしく、すっかり食事を変えて以前にも増して体調がよくなり、今では家族全員が食事に意識をもち調子が良くなったと喜んでいます。

ビワ療法をより有効なものにするためにも生活の基本である食事を改めることは重要であると実感する改善例でした。

◎南鍼灸治療室
大阪府大阪市中央区農人橋1−1−8−1001
TEL:06−6941−6927

『ビワと健康』  2005年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 半身マヒが一気に改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入