重度のアトピーが劇的改善

神奈川県川崎市 健康へるぱー・たかみか代表


重度のアトピー性皮膚炎を食事療法、整体、ビワ温灸によってみごとに克服した男性(20代半ば)の改善例を紹介します。

この男性は生まれついてのアトピー体質により長年辛い思いをしてこられたそうで、当院を初めて訪れたときも全身に症状が出ていました。

皮膚はカサカサとグジュグジュの箇所が混在し、強い痒みに加えて眠れない、全身がだるい、動けない等の症状を抱え、「生きていくのが辛い」と訴えておられました。

痩せこけた体は冷たく、肌はボロボロ。就職したくても面接の際に見た目で落とされたり、うまく条件が合った場合でも職場まで遠くて通う体力がなくて諦めざるを得ないなど気の毒な状況でした。
病院に通ったり、それなりの治療は行なってきた様子でしたが対症療法ではどうにもなりません。やはり、症状が重ければ重いほど根本的な改善を図る必要があったのです。

当院では、食事療法をメーンに整体とビワ温灸を行ないました。
食事を玄米酵素に切り替えてもらい、整体で背骨と骨盤の歪みを矯正することで脳からの伝達が体の隅々まで行き渡るようにし、ビワ温灸で冷えた体を心から温め、さらに患部でカサカサした部位にはビワエキスを直接塗布しました。

施療を始めて間もなく、強い好転反応が現われました。
体全体がパンパンに腫れ上がり、顔はムーンフェース。関節が痛んで洋服の着替えもままならず、施療の際には衣服の着脱を手伝ってあげるほどでした。

この激しい好転反応はまる1ヶ月続き、その後はカサカサとグジュグジュの湿疹をくり返しつつ徐々に改善されていきました。
ご本人も相当辛かったと思います。しかし、積年の膿を出し切らないと本当の改善は得られません。

睡眠を助けるため波形形状のマットを使用して心地好い眠りを確保したり、ビワ風呂で痒みを緩和させるなどの工夫もしました。
こうした努力の甲斐あって施療開始から6ヶ月で好転反応も収まり、見違えるほどきれいな肌に改善し、かつてのアトピーは跡形なく消え去りました。
その後は、仕事が忙しくて食事がいい加減になると少し症状が出たりするものの、それを警告として生活を修正することでアトピーの辛い症状とは無縁の生活を送っておられます。

ガンをはじめ様々な病気で改善例が多いビワ療法ですが、今回のケースでもビワ温灸が冷えた体を温め、ビワエキスやビワ風呂が痒みを軽減し「気持ちがいい、楽になる」ととても喜ばれました。
ビワ療法は、アトピーの施療に非常に有効な療法であると確信します。

あれほど辛そうだった症状から解放され、生き生きとした表情に変わった姿を思い出すと今でも涙が出そうになります。

◎健康へるぱー・たかみか
神奈川県川崎市多摩区三田2−7−3−103
TEL:044−922−0850

『ビワと健康』  2005年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 重度のアトピーが劇的改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入