家庭でできる癌退治

歯学博士・鍼灸師 中野愛彦先生にインタビュー


中野愛彦先生のプロフィール

1946年 千葉県生まれ。
東京歯科大学卒業。
州立カリフォルニア大学 ロス校U.EX終了。
玉川大学文学部卒業。
国際鍼灸専門学校卒業。
歯学博士(専攻:法歯学)
[主な著書]
『ねこが虫歯にならないわけ』『歯の歳時記』『歌って覚える経穴』
なかよし鍼灸院: 千葉県柏市明原−12−21 NE産業内 ビワ温灸指導会
Tel:04−7147−0263


歯科診療に鍼灸を導入 キーワードは相補治療

  • 歯科医師と鍼灸師の肩書きを持たれ、ビワ温灸も行なわれるそうですが、それぞれをどのように位置づけ、使い分けておられるのですか。
    一言でいえば歯科診療に鍼灸を取り入れているということです。
    私がまず言いたいのは、鍼灸などの東洋医学はちゃんとした医学であって、代替医療とは呼んでほしくないということです。アメリカ人としては代替であっても、日本人としては2つの治療の柱があるということです。チベット人にチベット医学を代替と呼べば叱られるでしょう。インドの医学大学の8割以上は、アーユルヴェーダ主体の授業です。敢えて例えるなら伝統医学であり、それに基づいた治療が連綿と行われているわけです。
    ところが日本は明治以降、西洋文化にかぶれて伝統医学を軽んじてきました。それではいけない。私は治療に鍼灸、すなわちツボ刺激を用いることを推奨しています。
    キーワードは相補治療です。ツボに鍼や熱、圧力等の刺激を加えることで素晴らしい治療効果が得られます。ビワ温灸もツボ刺激の1つの方法です。

  • 従来の歯科治療に東洋医学を取り入れようとしたきっかけは何だったのですか。
    息子が鍼灸の学校に行き、そこで学んでいる内容を聞いているうちに、その奥深さに感銘し自分も勉強を始めたわけです。
    鍼灸師さんは日本中におられます。患者さんは腰痛や肩こりといった外科的な症状ばかりでなく内科的な疾患でも鍼灸を利用してもらいたいですね。例えば風邪をひいたら鍼灸院にかかるというのも1つの選択肢です。歯科で関連するものだと歯痛や指しゃぶり、顎関節症、顔面神経マヒ等で非常に効果が得られています。
    ただ、残念なことに医療専門誌で歯科治療とツボ療法を体系づけた本はありません。出版の予定もありません。私は自分の行なう講習会で手引書はすでに作っていますから、近いうちに出版したいと考えています。

ビワ温灸は安全、安価、有効

  • 講習会というのは歯科医師を対象に行なっているのですか。
    そうです。歯科鍼灸講習会の名目で行なっており、これまで受講された歯科医師は500人くらいいます。
    法的に歯科医業は歯科医師しかできないので、各歯科医院でも鍼灸療法を臨床に取り入れてもらいたいと思います。ただ、認知度は低く実際に取り入れようとする人は100人に1人くらいです。

  • ビワ温灸を導入されたきっかけは何ですか。
    鍼灸学校の授業で棒モグサを使ったビワ温灸を学びました。ほかにミソ灸とかもやりましたが、とても良いですね。
    しかし、通院すればその都度お金がかかります。その点、ビワ温灸は家庭で行なえ、煙や灰が少し厄介ではありますが効能は非常に優れています。
    もっと手軽に扱えるものはないかと探しているうちに遠赤外線の温灸器と出会いました。ガンの患者さんが治療やケアに費やす多大な金額を考えると、コストが安く、しかも家族みんなで使えるのがいいですね。

  • 歯科治療とビワ温灸を併用した治療を行なっているのですか。
    あまり行なっていません。治療としてビワ温灸を行なうのではなく、家庭で行なう際の扱い方と当てるツボを指導しているのです。胸線と腹部と背中はどこでもいいから当てるよう指導しています。
    臓器のガンの場合は取穴が簡単です。例えば胃ガンであるなら胃経の重要穴を取っていけば良いわけです。腎臓ガンなら腎経です。ガンはわかりやすいのですが、肉腫は難しい点がありますね。

家族の繋がりを強める

  • やはり相談にこられる方はガンの方が多いのですか。
    ほとんどガンの患者さんですが、多くの患者さんが様々な健康食品のえじきにされている現実に腹立たしさを感じます。その点、ビワの温灸器は1度購入すればずっと使えるので良心的だと思います。
    ガンが治るか否かはその人次第ですが、免疫力を高める働きが強いのでガンを死滅させるのは難しくても再発予防には最適です。一般的には難しい術後の凝りや癒着の解消、筋肉の寛解といったものを得意とし、末期ガンの痛みも軽減してくれます。
    またビワ温灸を行なうこと自体が家族の繋がりを強める利点があります。例えばツッパリと呼ばれるような高校生でも、親に温圧を行なう日を割り当ててあげると、ちゃんと帰宅して当てていますよ。
    だから当て方の指導をするときは出来る限り家族みんなに参加してもらうようにしています。

O−リングで判断

  • O−リングも行なわれるそうですね。
    必須です。その人にとって何が効くのかを判断する上で非常に有効です。
    必ずしも高価なものが効くとは限りませんし、思いがけないものが”効く”と出ることはよくあります。最も理解しやすい例として、タバコとスティック入りヨーグルトの粉末で試すことができます。
    両者をそれぞれ白い封筒に入れてテストすると、万人にとって悪であるタバコの場合はフニャリと指が開いてしまいます。これでまずO−リングというものを実感してもらい、具体的にサプリメント等をテストしていくのです。
    友人や親戚が『これが効いた』と色々勧めてくれたとしても、自分にも効くかは判りません。O−リングを用いると東洋医学の優れた要素、オーダーメードの医療が行ないやすくなります。

実践的な講習会

  • 著書の『家庭でできる癌退治』は、患者や家族にとって理解しやすい良書です。本に書かれてある内容を講習会で具体的に指導されているそうですが、どんなことが学べますか。
    証の立て方など東洋医学の基本的な考え方や現在のガン治療の実態等を紹介したうえで、O−リングテストのやり方、ツボ治療の基本、ビワの葉温灸の効能や当て方等を体系的、実践的に指導しています。
    ビワの葉温灸は棒もぐさと遠赤外線の器具を用いた2つの方法を指導しています。ガンの治療は画一的ではありません。個々人に適した実践的なガンバスターを学んで頂きたいですね。

  • ありがとうございました。

『ビワと健康』  2005年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > 家庭でできる癌退治