猫の終末期にもビワ療法

千葉県成田市 木野登喜子さん

わが家の愛猫・さぶちゃんが13年間の生涯を全うして、今年1月1日他界しました。

末期ガンと判ったのは昨年の8月でしたが、ビワの種のお陰で殆ど苦しむことなく多少なりとも延命できたことは家族として有難いことでした。

家族の一員としてペットを飼っておられる方は少なくないと思われますが、ペットとて終末期におけるQOLは大切なわけで何か参考になればと思い紹介させて頂きます。
さぶちゃんに異変が起きたのは昨年の5月ころでした。

初めは風邪をひいたように咳をし始め、「猫でも風邪をひくと咳をするんだね」と話していたのですが、なかなか収まる様子がなく、次第に頻繁に咳き込むようになったため8月、獣医に診てもらいました。

「大腸と肝臓の辺りに計3個のガンがあり、余命は2ヶ月以内でしょう。抗ガン剤治療をしましょう」と言われました。
排便はずっと正常でしたし、咳き込む様子から見て原因は肺にあるように思え診断結果が腑に落ちませんでした。

また、抗ガン剤治療が却って寿命を縮めることも考えられます。それは、かつて私自身がガンを患い、克服してみて実感することであり、獣医の申し出は断りました。

試してみたのは粉末のビワの種です。食事の度に小さじ1杯の粉末を缶詰に混ぜました。
人と猫の体躯の比較でいえば小さじ一杯(1ヶ月で130グラム)大量投与ということになりますが、ビワの種は臭いも味も殆どなく、猫にとっても抵抗がないらしく良く食べました。

驚いたのはピタリと咳が止まったことです。痩せてはいましたが普通に食欲があり、他界する1週間前まで苦しむ様子もなくちゃんと食べたのです。
残念ながら最終的には食べられなくなり克服には至りませんでしたが、このことは新しい発見でした。
咳込むまま過ごすのとそうでないのとでは、まさに雲泥の差でしょう。

そして、いま思うことは早くから予防的に食べさせてやれば良かったということです。
高齢期に入ったペットにはビワの種。良い方法ではないでしょうか。

◎襯灰◆Ε献礇僖
千葉県成田氏並木町156−14
TEL:0476−22−9387

『ビワと健康』  2005年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 猫の終末期にもビワ療法
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入