花粉症克服にはビワの種

千葉県柏市 整体師U・Kさん

花粉症の方にはビワの種がお奨めです。

うちのお客様の間では錠剤タイプの種を朝晩10粒ずつ飲むだけでシーズンを乗り切ることが出来るという手軽さが好評となり、毎年春先になると買い求めていかれます。

愛飲されている方に話を聞くと、市販薬だと大して効かないうえ眠くなるなどの副作用があり、体への負担を考えるとやはり自然のものが良いというのがその理由のようです。

その意味でビワの種は体に負担がないばかりか、自然の食品の割に即効性があるのも大きな魅力です。
ただ、喉元過ぎれば・・・の譬えの如く、皆さん、シーズンが終わると飲むのを止めてしまいます。
そして、1年後、再びシーズンを迎えると駆け込み的にビワの種に頼っているのが現状のようです。

苦しい時の神頼み。とかく人はそうなり易いのですが、そんな中でビワの種を飲み続けている女性(30代)がおられます。
彼女は症状がとてもひどく、長年辛い思いをしてこられたそうで、ビワの種も錠剤タイプのものを朝昼晩の1日3回、10粒ずつ飲まれました。
大抵の方が1日2回で大丈夫なところを3回飲んで何とか1シーズンが乗り切れたのです。

感心したのはシーズンを終えてからで、錠剤タイプから粉末タイプに切り替えて毎日添付の小さじに一杯ずつ、併せてビワの葉茶を飲み続けたことです。
翌年も、翌々年も花粉症の症状は出ませんでした。しかも、初年と違ってシーズン中の摂取量も毎日小さじ一杯で大丈夫でした。

年によって花粉の飛散量は変わるとはいえ、兆候すら顕れなかったのは驚きですし、彼女自身、体調の変化に気づいたそうです。
それというのもビワの種とお茶を続けるようになってから一度も風邪をひかないそうです。血液が浄化され体質が変わってきているのだと思われます。

彼女以外のお客様でシーズン以外も通年ビワの種を飲み続けた方はいませんが、改めて継続することの大切さを感じる改善例でした。これからは継続の必要性も伝えていきたいと思っています。

『ビワと健康』  2005年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症克服にはビワの種
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入