ガンという病気がわかった!

帯津三敬病院中国室勤務・大野聰克先生にインタビュー

  • 大野先生が現在の職務に就くことになったきっかけは、ご自身がガンを患い、帯津三敬病院で治療をうけ、克服されたことにあるそうですね。
    1991年4月、当時45歳だった私は、体調を崩して帯津三敬病院を訪ねました。数年前から血便が続いていたものの元来スポーツ好きで健康には自身がありましたし、食事もそれなりに気を付けていたので気に留めていなかたのですが、貧血で倒れるようになり、さすがに不安になって病院を訪ねたわけです。診断の結果、末期(ステージ検砲猟渉殴ンであることが判明し、S字結腸、直腸、肛門、リンパ節等を切除しました。

  • 突然のことで大変だったでしょうね。
    初めはショックでした。しかし、何事にも原因があって結果があるわけで何が原因か考えてみました。運動も食事も問題があるとは思えず、仕事も充実していました。ただ、独立してからの10年間、睡眠時間は2、3時間という多忙の日々を過ごしてきたのです。要は時間にゆとりを持つこと。それには仕事の量を減らせば良いとの結論から段階的に仕事量を減らしていきました。

  • どんな治療を行なったのですか。
    手術後は、ガンは熱に弱いとされるので温熱療法を試すことにしました静脈注射で体温を40℃くらいまで上昇させてから抗ガン剤を点滴で入れる。その状態を6時間以上保ちます。私にはとても辛く、2回目の途中で止めました。代わりに体に優しい方法で治したいと申し入れ、漢方薬、イメージ療法、気功を行なうことにしたのです。原因を取り除けば治るだろうし、3つもやれば今日より明日、あさってと僅かずつでも確実に良くなっていくのだろうと考えたのです。2年で正常な体になりました。

  • 劇的といえる改善だと思われますが、帯津先生は何か言われましたか。
    正常値になったとき、帯津先生の本の中に『なぜ良くなったかわからない、常識では考えられない』と書いて下さっていました。私としては、やるべきことをやったのだから良くなるはずだとの思いでしたね。

  • 思考がとても前向きです。それはどこから来るものですか。
    私は、ガンという病気が分かったんです。ガンは自分が作り出します。決して他人に伝染しません。他人には関係のない細胞です。自分のためだけにできる細胞です。”自分だけを殺す細胞”は考えられません。”自分を生かす細胞”と考えるのが普通です。形のない物から守るには自分を変えるしか方法がないのです。病原菌はリンパ球が殺します。毒物は腎臓や肝臓が解毒します。ところが、ガンを発症させる主因のストレスについては、解毒させる臓器や部位がありません。ストレス自体に形がありませんから、ちょうど植物が日照りで水分が足りなければ、葉を落として蒸発を防ぐように、人はストレスで血液が足りないところが出来れば、使わない細胞を作れば良いのです。それがガンだと思います。全部の細胞が働かなくても人は生きられるのです。

  • ホリスティック医学を取り入れた病院であっても初期の段階では手術をすることがガン治療の常套とされています。大野先生の捉え方だとガン細胞は厄介な存在ではなくガンにはガンとしての役割があるわけで、安易に手術はすべきではないということにもなりませんか。
    三大療法と呼ばれる手術、抗ガン剤、放射線は結果をいじっているだけのように感じます。風邪をひいたとき発熱や頭痛などの症状がでます。それは結果で、原因はウイルスです。治すには原因を取り除かなければなりません。ガンの原因はストレスです。ガンは結果です。結果だけをいじっても治りません。私はガンの手術をしました。しかし、手術をしたから生きているとは思っていません。交通事故で足を切断したのと同じことです。事故で足を切断したとき、足を切断したから生きているとは言いません。切断したけれど生きているのです。私も手術をしたけれど生きているのです。手術の有無で生死が左右されるのなら手術出来ないところまで進行したガンの患者さんが治ることはないでしょう。ところが、実際には多くの方々が治っています。

  • 現実に色々な方の改善のケースを目にされているわけですね。
    やるべき治療は全て終わり、腫瘍自体は小さくなったものの余命3ヶ月と宣告された患者さんがおられます。帯津三敬病院で漢方薬とビタミンC療法を始めましたが、暫くして『体は楽になったけれどガンの腫瘍は大きくなった』と心配しておられました。私は『それだったら進行は止まるでしょう』と助言しました。やはり進行は止まりました。また、三大療法を拒んで来られた80代の男性の場合は、施療を続けるうちにどんどん腫瘍が大きくなり、突然消えました。喜んでいるとまた大きくなって、消えました。ガンが新生血管を呼び込むという説がありますが、これは血液を使わないで頑張っているガン細胞を治すために血管ができて、その時に大きく見え、つながると元の細胞に戻ったのではないかと思われます。

  • ところで、帯津三敬病院に勤務されるに至った経緯はどういうものだったのでしょうか。
    私自身が患者でしたから同じ立場の患者さんと色々話をしていたわけですが、いつしかボランティア的に病室を回るようになり、話し相手、相談相手になっていました。入院したときから帯津三敬病院で気功を教えていただき、素晴らしさに気づき、5年前、私から勤めさせて欲しいと申し出ました。通常、病院では何らかの医療資格者が勤務するわけで異例の採用となりました。

  • 主な職務内容は病室を回ってのカウンセリングや気功の指導ですか。
    そうです。それと3年前からビワ温灸の指導員として温圧を受け持っています。1日多い日で8人、少なくても2、3人の患者さんに温圧を行ないます。ビワ温灸を始めてから病室を回る件数が制限されるようになりましたが、言葉と違う形で温圧指導を介して得られるものも大きいですね。

  • ビワ温灸の良さは何でしょうか
    血液の循環を高めること。気持ちが良いこと。そして、体が楽になることです。患者さんの辛い症状には休みはありません。病人には休みはありません。病人には休日はないんです。例え2時間でも3時間でも楽な時間を作ってあげられることは、大切なことです。

  • 最後に前向き思考の秘訣をお願いします。
    例えば1万人のガン患者の5年生存率が2割だとすれば、2千人は5年以上生きるということです。1人や2人というのであれば殆ど無理かもしれませんが、2千人となると奇跡でも何でもありません。2千人中の2千番でも良いのです。私はそう考えました。

  • ありがとうございました。
● 帯津三敬病院:埼玉県川越市並木西町1−4
 電話:0492−35−1981


『ビワと健康』  2005年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > ガンという病気がわかった!