急性の腰痛にビワ葉湿布

愛媛県今治市 S・U さん


朝の9時から夜9時まで立ち放しの仕事を3日間続けたことで急性の腰痛に襲われました。

慣れない立ち仕事に加えて、冷えも影響したのだと思います。
急な痛みには速目の手当てが肝要ですから、患部にビワ温灸を行なったあとビワの生葉湿布をして安静を図りました。

ビワ温灸は手軽な遠赤外線の温灸器を用い、ビワの生葉湿布は東城百合子先生の著書「家庭でできる自然療法」に載っている方法で行ないました。

大きめのビワの生葉を4枚ほど重ねて丸め、下ろし金で擦り下ろし、ショウガと少量の小麦粉と水を混ぜてパスターにし、さらし布に塗って患部に宛てがい、油紙を被せ、三角巾で腰を包み込みました。

半日間は何もせず横になり、痛みがひいてからも無理をせずに過ごしたところ翌日には完全に痛みが消え、いつも通り過ごせるようになりました。
ビワの生葉湿布は本当に痛みをよく取ります。

ガンの末期で全身に痛みが出てモルヒネを使っていた男性(50代)は、痛みのせいで退院できずにいました。

このときも痛みの箇所にビワの生葉湿布をしてあげると、3、4日で痛みが軽減し、モルヒネが要らなくなって退院することが出来ました。
その後、男性は亡くなられましたが、それでも痛みが抑えられたことでご家族に感謝されました。

また、肝臓ガンの末期だった男性(60代)もビワの生葉湿布を行ない痛みが取れ、腹水も取れるということがありました。
ビワの生葉湿布は非常に痛みを和らげる療法です。

痛みで困っておられる方は、ぜひ一度試していただきたいと思います。

『ビワと健康』  2004年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 急性の腰痛にビワ葉湿布
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入