自律神経失調症を克服!

山口県周南市 山口順子 さん(55)

3年前の5月末。友人の紹介で2年ぶりにパートを始めて10ヶ月が経ったころ自律神経失調症になってしまいました。

パソコンを使う仕事で、月末と月初めは残業が多いうえに自転車で片道30分かかり、おまけにこの夏は猛暑でした。そこに更年期が重なって体が悲鳴を上げました。
肩に誰かが乗っかっているように重く、首筋はパンパンに張り、体はだるくて不眠症になりました。

仕事を辞めさせて欲しいと申し出ましたが、勤務先から期限の12月まで仕事を続けて欲しいと懇願され、朝は迎えの車が来て、帰りは主人が駅まで迎えに来てくれるという状態を続けましたが、とうとう8月に限界を迎えました。

家事はこなしても他は何もしたくない、外に出たくない、人に会いたくないといった自律神経失調症の症状が出始めたのです。
始めは内科で受診しましたが、内科的には全く異常がないため心療内科に移りました。医師から「楽になりましょうね」と助言されても、心療内科にかかるのも初めてで戸惑いを覚えましたし、薬を服用することも苦痛でした。

症状のなかで、とくに辛いのが不眠症でした。夜眠れず、昼寝をしようにも眠れない。44kgの体重は38kgまで減り、ふらふらしてまったく体に力が入らず、トイレに行くのも這うような感覚でした。

精神安定剤と睡眠薬が処方されましたが、薬を服用すれば夜は眠れても翌日は副作用で一日中頭がすっきりしないのです。
薬に抵抗を感じ、整体に2、3回通ってみました。
しかし、首や肩のこりは軽減するものの不眠症はどうにも改善しませんでした。

初回の温灸で眠れた

そんな中、友人からビワ温灸をしている重岡典子さん(0834−25−2818)を紹介されました。
重岡さんは、私の状態をよく聞き一通りビワ温灸を行ないました。初めての印象は「気持ちがいい」というものでしたが、家に帰るなり眠くて眠くて仕方なく、グーグー寝てしまいました。

「これは良さそうだ」と直観しました。すぐにでも薬の服用は止めたい気分でしたが、「もし、夜中に目が覚めて眠れなくなったらどうしよう」という不安が頭をもたげ、その日は半分だけ飲んで床につきました。
よく眠れました。

2日後、再び重岡さんのところに行きましたが、ビワ温灸を受けて家に帰ると大あくびが出て、前回同様眠くて眠くて起きていられなくなりました。
重岡さんのところには、2ヶ月弱通いました。初めの1ヶ月は週2回、後の1ヶ月弱は週1回でした。
夜もしっかり寝れて、昼も寝る。まるでそれまでの不眠を取り返すかのように、「ちょっと寝すぎじゃないか・・・」と思うほどよく眠る日々が続いたのです。

2ヶ月弱が経ったとき、薬がなくても眠れるという自信がしっかりでき、処方された薬を数錠残したまま自分の意思で完全に止めてしまいました。
薬の服用を止めても、自分で感じた通りもう不眠の症状は完全に克服していました。

ビワ温灸の良さを実感した私は、温灸器を購入し自宅で当てるようになりました。
改善したのは不眠だけではありません。首と肩のこりもいつの間にかきれいに取れていました。
首の右側には数年前にほんの小さく出来ていたシコリがパートを始めてストレスが増すにつれて人差指の先ほどに肥大化して丸く硬くコリコリとしていましたが、毎日ビワ温灸を続けるうちに徐々に柔らかくなり痛みと一緒に消えてしまいました。

主人の耳鳴りも改善

私の当て方は、テレビを観ながら足から順にお腹や背中(背骨の両側)、肩、首と当てていき、手が届かないところは主人に頼むといった気軽なものですが、それでも十分なのです。
義母の膝の痛みにもよく対応していますし、可笑しいのは、たまに主人が「眠れないから・・・」というのでビワ温灸を行なうと、当て始めて暫くするといびきをかいてグーグー寝入ってしまうことです。

それと、主人は耳鳴りもビワ温灸できれいに収まりました。
私はビワ温灸に出会ったお陰で元気に過ごせていますし、家中がすっかり愛好者になっています。
昨年12月には普及会の指導員の認定を受け、これからは普及活動にも頑張りたいと思っています。

◎連絡先
山口県周南市遠石3−10−1−206
TEL:0834−31−5820

『ビワと健康』  2004年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 自律神経失調症を克服!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入