腰痛を防ぐ正しい姿勢

文明病の一つ腰痛


文明病の一つ腰痛。40歳以上だと3人に1人が腰痛の自覚症状があるそうです。
腰痛を訴える人は姿勢の悪い人が多く、正しい姿勢を心がけるだけで腰への負担をかなり軽減できます。
  1. 立ち上がるときは、お腹を縮めて腹圧をかけ、お尻の筋肉に力を入れ、背筋を伸ばし、あごをひいて視線を5、6メートル先の地面に向ける。

  2. 椅子に座るときはクッションの良いものは避け、腰かけたとき膝が大腿部の付け根より少し高くなるものを選ぶ。

  3. 床に座るときはあぐらではなく正座の方が腰に負担をかけない。

  4. 寝るときは、腰が沈み込まないベッドか布団に、上向きか横向きに寝る。

  5. 重い荷物を持つときは、荷物をできるだけ体に近づけ、膝を曲げて抱くように持つとぎっくり腰が防げる。
ウォーキングや腰痛予防体操、水泳など日ごろから運動や体づくりを心がけましょう。
なお、ビワ温灸による腰痛の改善例は多いので、不調の人はぜひ試してみてください。

『ビワと健康』  2004年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > 腰痛を防ぐ正しい姿勢
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入