虹屋

埼玉県越谷市相模町6−442 TEL:048−988−0248


関東三大不動尊の一つ大相模不動尊。1254年の歴史を誇るこの不動尊の境内に唯一あるお店『虹だんご』。
虹だんご本舗 虹屋日吉丸。店主の山崎日(ひとひ)さんは、豊臣秀吉と同じ1月1日、元旦の生まれ。秀吉とはまる400歳違いだそうで、個性的な名前はその誕生日に由来するのだとか。

「お不動さんのかつての賑わいを取り戻す一助となれば・・・」との願いを胸にこの境内に店を構えて20年。醤油と甘ダレ醤油の2種類の団子、そして箱入りのよもぎ草餅は地元の名物としてしっかり定着している。
一度耳にすると忘れられない『虹だんご』の名称は、童謡「小人のうた」の歌詞の一節、〜夢は七色虹の色〜から取ったそうで山崎さんのロマンチストな人柄が窺えるが、信条を尋ねると「食べ物を業とする私の心構えは、身体にやさしく素材にこだわった美味しいものであること」等の生真面目な答えが返ってくる。

団子一筋ながら店内にはビワ療法に関連する商品や全国各地から取り寄せられた食品がいくつか並んでいる。

実は山崎さん、4年前に肺に4センチの線ガンが見つかったが医者には頼らず自力で克服した貴重な経験の持ち主。
「ここにあるものは皆、私のために取り寄せたもので初めの2年間は販売どころじゃない。私自身が治るのに精一杯でしたから。やがて関心があるお客様には私の体験をお話し、お役に立てるならばと厳選した商品をお分けするようになりました。中でもビワ療法はとくに優れ、温灸器は家族中で愛用しています」

かつて、お米の販売に携わり、業界のあまりに杜撰な実態に嫌気が差して見切りをつけ、本物のお米を原料にした団子づくりを決意。その心意気と独自の工夫が美味しい団子を生み出した。

気さくで親身な山崎さんの話に耳を傾けつつ、焼き立ての大粒団子を頬ばる。一番の贅沢かも。
◎虹屋
埼玉県越谷市相模町6−442
TEL:048−988−0248

●「虹屋」のホームページはこちらです。
『ビワと健康』  2004年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワのある店 > 虹屋