帯状胞疹が短期間で改善

東京都福生市熊川 ビワライフ 滝本智重子 代表

85歳の母は、痴呆症歴11年目です。

2年前から体力がガクッと落ち、そのころから徘徊が始まり、1年前からはトイレも失敗するなど家族の力を借りざるを得なくなりました。

いつもは静岡の妹のところで暮らしていますが、今年1月末〜5月下旬まで、うちで面倒を見ました。
体力が落ちてから便秘がひどく静岡では1週間に1回摘便をしていたそうで、まず便秘の改善に取り組みました。

とにかく体を温めることを中心に、炭酸ガスをお湯に溶け込ました人工炭酸泉、足湯、ビワ温灸等を行ないました。
人工炭酸泉は朝晩2回、ビワ温灸は1日3回。
それに漢方薬、玄米酵素、乳酸菌マイクロ熟成エキス等を用いたところ、4日目から毎日自力で排泄が出来るようになりました。

食物繊維の多いサツマイモもスチームオーブンで焼いて食べさせました。
難聴ゆえ関心を示さなかったテレビの字幕を観て「イラクは大変だね」と話したり、百人一首を読ませてみたり、ハーモニカを吹いたりと順調でした。

ところが、痴呆症は環境が変わると不安に陥り易く、やがて母も「どうしてここにいるのか」と不安を訴えることが増え、不安と連動して免疫力が低下していきました。

4月27日、右目の上に帯状胞疹の湿疹が出始めました。体温は37.3℃。1日1回に減らしていた足湯とビワ温灸を3回に増やしました。
ジュクジュクと汁が出て、まるで噴火口のように山の上にさらに山が出来るという状態で見た目には悲惨な形相になりました。

しかし、2、3回痛いと言ったきりで殆ど痛みが出ず、通常3週間かかるところが僅か1週間で暑いかさぶたが出来、治り始めたのです。高齢者にしてはとても速い回復でした。

念のため近所の医師に診てもらいましたが、その医師が治りかけのかさぶたを重症と判断したためゴールデンウィーク中とあって病院をたらい回しされ、入院する事態となりました。結論は「もう完全に治っている」とのことでした。
かえって入院により体を動かせなかったぶん足がパンパンにむくんで大変でしたが、退院後は足湯、ビワ温灸、乳酸菌マイクロ熟成エキス等が有効で、短期間で元に戻りました。

◎ビワライフ
東京都福生市熊川1130-10
TEL:042−513−6610

●「ビワライフ」のホームページはこちらです。
『ビワと健康』  2004年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 帯状胞疹が短期間で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入