頑固な腰痛に抜群の威力

静岡県沼津市 ビワライフ・沼津 平川知宏 さん

ビワ温灸を通じて多くの方に喜んで頂いてますが、そもそも私がビワ温灸を始めたのは自分自身の腰痛に起因します。

私が最初にぎっくり腰を患ったのは22〜23歳のころで、以来、筋肉痛を含めての慢性的な腰痛は40年にも及びます。
腰に違和感を覚えたり痛みを感じるたびに指圧やマッサージを受けられる治療院を3ヶ所ほど決めて頼っていた状態でした。

ビワ温灸と出会ったのは5〜6年前です。当時は週1〜2回ゴルフをしていましたが1ラウンド回ると腰にきて、帰宅時には必ず指圧やマッサージの治療を受けていたのです。
私のそんな様子を見て、ゴルフ仲間の先輩が「ビワがいいよ」と紹介してくれました。

さっそくビワ温灸器を取り寄せましたが、先輩が言う通り効果はてきめんで、これさえ当てておけば翌日は何ともないのです。
ゴルフから帰ると、1時間ほどビワ温灸を行います。テレビを見ながら手の届く範囲は自分で、背中など自分では当てにくい箇所は家内や娘に当ててもらうのです。
家内や娘にしても、私が昔から指圧やマッサージを受けている姿を見てきたものだから、門前の小僧よろしくすっかりコツを掴んでいて上手に当ててくれますし、本人たちも愛用するようになりました。

こうした経緯で私は腰痛治療を受ける必要が全くなくなり、むしろ人様のためにビワ温灸を当ててさしあげる側に回ることになっていったのです。
2年前、6歳年上の姉が乳ガンの末期症状で寝たきりになり、寝返りすら打てなくなりました。
ビワの生葉が良いという話から、身体にビワの生葉を張ろうということになり、兄弟で葉っぱを採ってきては張り替えていました。

一晩で葉の色が変わることに不思議さを感じ、葉をお風呂に入れてもとても気持ちが良いので、「それではビワ温灸を当ててみてはどうか」ということになりました。
いざ試してみるとビワ温灸に対する姉の反応はすこぶる良く、「鎮痛剤を服用しなくても過ごせる」と喜んでくれました。

温灸を当て始めると痛みを忘れて眠ってしまうほどでした。そこで私は温灸器を1セットプレゼントし、義兄がこまめに当てるようになりました。
温灸開始から2ヶ月が過ぎたころ、姉は1人で起き上がり廊下を伝い歩きするまでに回復していました。
「開設した施術所を見に行きたいよ」と言ってくれ、本当に杖をつきながら2階まで上がって来てくれたときは、まるで奇跡を見るようでした。
数ヶ月後、残念ながら内臓が弱って食事が摂れなくなり亡くなりましたが、入院した病院でも股関節に出来たシコリが消えて主治医をびっくりさせたり、とにかくビワ温灸の威力は大きなものでした。

末期の状態からでなくもっと早く始めていたら・・・、と悔やまれますが、それでもビワ温灸のお陰で痛みに苦しまず過ごせたことは本人にも世話をする身内にも本当に救いでした。
ビワ温灸で脳梗塞を克服された方もおられます。
この素晴らしい療法を一人でも多くの方に知って頂きたいと願いつつ日々過ごしています。

◎ビワライフ・沼津
静岡県沼津市東原町379
電話:055−966−5068

『ビワと健康』  2004年6月15日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 頑固な腰痛に抜群の威力
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入