ぎっくり腰で威力を発揮

ビショウドウ伊那オフィス


昨年12月にぎっくり腰を患い、今年4月に痛みが再発した男性(41)が、3回のビワ温灸で改善した例があります。

この男性は小学校の先生で、左足首の捻挫と腰痛を訴え足を引きずりながら来られました。

捻挫の箇所は腫れて歩行がままならず、また腰と左臀部に痛みがあり、よくよく事情を尋ねると腰の痛みは単に捻挫からきているのではなく、昨年末のぎっくり腰が完治し切れず再発していることが判りました。
接骨院で牽引や電気治療を受け多少良くなっていたそうですが、子供を抱いたりすると痛みが出て辛いとのことでした。
初回の施療は、主に捻挫の部位(足首)と腰部〜脚部にかけてビワ温灸を五壮ずつ行ないましたが、30分間うつ伏せたあと仰向けに体制を入れ替えようとすると、随分辛そうでした。

施療後の感想も、「体が温まって気持ちがいい」という程度で、翌朝は体調好転反応が出て少しだるかったとのことでした。

夕方、2回目の施療に来られました。朝に比べて大分楽になり、足首の痛みは消えて腫れが少し残っている程度。腰も痛みが和らぎ、ほぼ普通に歩けるところまで回復していました。
前日同様、足首と腰から脚部にかけて1時間弱ビワ温灸を施しました。

1日おいて3回目の施療に来られました。このときは、やや違和感があるとはいうものの捻挫、腰痛ともほぼ改善していました。
この日も一通りビワ温灸を行ない、トータル3回で施療は終了しました。

帯状胞疹も短期改善

帯状胞疹で来られた60代の女性は、右背中の「肝兪」のツボ周辺に三つの湿疹が出来ていました。
免疫が下がって発症する病気ですから、体質改善をメーンとしたツボにビワ温灸を施しました。

背部では、「膈兪」「肝兪」「脾兪」「腎兪」「天柱」「百会」など。腕部では、「曲池」や「合谷」。脚部では、「足三里」「三陰交」「湧泉」などです。もちろん、腹部や患部周辺にも慎重に当てました。

私が施療したのは全部で4回。あとはご本人が自宅で当てられましたが、湿疹は全く拡がらず収束に向かいました。
湿疹のあとはカサブタになり、高熱が出るでもなく、皮膚科の医師も「普通の人の半分くらいの期間で良くなっている」とビックリされたとのことでした。

皮膚科で処方された飲み薬、塗り薬とビワ温灸の併用がうまく作用したのだと思います。
その後、この方のご紹介で何人か帯状胞疹の方が来られましたが、いずれも良い結果が得られました。

突発性難聴にも有効

突発性難聴で来られた30代の女性は、腎経のツボ(脚部を含む全身)と耳周辺のツボにビワ温灸を施しました。
とにかく聞こえにくかったのですが、これも短期間で改善が見られました。

ビワ温灸は、様々な症状に対応が可能です。

◎ビショウドウ伊那オフィス
TEL:0265−76−8834

『ビワと健康』  2004年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ぎっくり腰で威力を発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入