頚椎椎間板ヘルニアに有効

宮城県仙台市 嶋村賢司 さん (51歳)

昨年10月末、突然左肩甲骨から胸にかけて激しい痛みに襲われました。

原因は不明でしたが、とにかく手の痛みと人差し指の痺れがひどく、かがみ込むような姿勢で直立していることすら難しい状態が2日間続きました。

夜は仰向けの態勢で寝ることができず横向きに寝るのですが、なかなか思うように眠れない辛い日々を過ごしました。

整形外科では、頚椎椎間板ヘルニアと診断され、痛み止めと胃薬が処方されて痛みがひくまでの1ヶ月〜3ヶ月くらいは無理な姿勢は避けるように、と指示されました。

整骨院では、胸部出口症候群と言われました。しばらく整体治療もうけてみましたがなかなか効果が得られませんでした。

その時点で、妻にビワ温灸を勧められ、半信半疑と苦痛に対するワラをも掴みたい心情で始めました。

風呂上がりにほぼ毎日、背骨から肩甲骨、肩から腕、指先まで30分かけて温灸しております。

温灸後は痛みが緩和され、仰向けで寝ることが出来るようになりました。
症状が出てから1ヶ月経ったころには、指先に痺れが残っている程度で痛みはほとんど無くなっていました。

完全回復と再発予防の思いを込め今後もビワ温灸を続けていくつもりです。

『ビワと健康』  2004年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 頚椎椎間板ヘルニアに有効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入