五十肩が一気に改善!

福岡県大野城市 まどかビワの葉温熱療法研究所 木元文明 代表

五十肩の痛みで2年近く苦しんできた女性(50代後半)がたった2回のビワ温灸で改善した劇的な症例を報告致します。

この女性の家はお米屋さんで、片手での作業は不自由で何とか治そうと整体院に通われたそうですが改善の兆しが見られず、私が最初に診たときも片腕をほぼ固定した状態でした。

可動域を確かめるべく左腕を少し持ち上げただけで「イタタタッ、ちょっと触らんといて!」と声を上げられるほどでした。
初回のビワ温灸は左肩や肩甲骨など患部を中心に40分ほど行ないました。本人は痛がりましたが、ゆっくりと腕を広げ五十肩に有効とされる脇の下にも丁寧に施灸しました。

施灸が一通り終わっての反応は、『1回目だからこんなものかな?』といった表情でしたが、温かくて気持ちが良いので続けることになりました。

翌日、2回目の温灸を同じ内容で行ないましたが、前日とは明らかに反応が違っていました。
痛がる様子がなく、本人も思わず「アラッ」と声が出たほどでした。
「それじゃあ、後ろに回してみますか?」了解を得て左腕を動かすと、不思議にクイッと回ったのです。

これには大層喜んで頂きましたが、まるで呆気ないものでした。
一応、確認の意味で3回目のビワ温灸も行ないましたが、もはや蛇足に近い感覚で完全に痛みは消えていました。

施灸はこれだけです。後日、様子を伺うと「いや〜、快調ですよ」との返事で、その後有難いことにこの方から何人もお客さんを紹介して頂きました。

ビワ温灸の即効性には感嘆するばかりですが、五十肩に限っていうと治りの速い人も遅い人もいて、この方ほど劇的な例はなかなかありません。
痛みが増している段階ではビワ温灸といえども効果は少なく、むしろ痛みがピークを越え収束に向かい始めた時期こそ一気に治りを加速させる働きがあるのではないかと思います。

感覚的にいうと痛みの急性期が過ぎて安定期(小康期?)に入り、本人の治癒力が勝り始めたときにビワ温灸がピタッとはまると一気に治癒に向かう『きっかけ』を与えてくれるというものです。
そのほか、腰痛や膝痛にもビワ温灸は有効です。

ただし、片足を引き摺ってこられてビワ温灸を受け、「軽くなった」と喜んで帰られても、次に来られたときは元の状態に戻っていることが多く、やはり慢性の痛みにはそれなりに続けなければ完治に至らないと感じます。

花粉症にはビワの種

花粉症については、ビワの種(粉末)が好評です。症状が抑えられるうえ「体が軽くなる」と話される人が多いですね。
ですから、今がちょうどスギ花粉の飛ぶシーズンですが、この季節になると決まって注文される方が何人もおられます。

私のところではリフレクソロジーは”癒し“の要素の方が強く、何かしら病状を抱えて改善を望んでいる人は大抵ビワ温灸を受けられるという形が施術面で定着しています。

◎まどかビワの葉温熱療法研究所
福岡県大野城市2−7−15
TEL 092−503−7710   携帯090−9483−8263

『ビワと健康』  2004年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 五十肩が一気に改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入