強い日焼けにビワ化粧水

東京都世田谷区 小野英雄 さん(44歳)


年末に訪れたサイパンで屈辱的な光景を目にしました。

通称「バンザイ・クリフ」と呼ばれる断崖を訪ねたとき、断崖を臨むメーンの高台に立つ「忠魂碑」と刻まれた慰霊碑に無数のガムが張り付けられ、無残な姿をさらしていたのです。

60年前、日本軍はこの地で玉砕しアメリカ軍に追い詰められた人々は故郷・日本に最も近いこの断崖から「バンザイ」と叫びながら次々と身を投じました。

その数は1000人とも1300人ともいわれ、海は血潮に染まったそうです。

観光客は日本人、韓国人、中国人が多いのですが、日本人ですらベタベタ光るガムの碑が目に入るなり、イヤ〜な顔をして手を合わすどころか遠巻きに通り過ぎていくのです。

私は民族主義者ではないけれど、日本人が辱めを受けているようでいたたまれなくなりました。

翌日、割り箸、栓抜き、ガムテープ、ウエットティシュ等々ガムを剥がせそうなものを調達し、一人悪戦苦闘しました。

南国の太陽は強烈で新しいガムはネバネバ、古いガムはカチカチ。
前面を剥がすだけで半日かかりました。

奇麗になった碑を見て、フィリピン人の現地ガイドが近寄ってきて一緒に喜んでくれ慰められました。

ところが、ガム剥がしに熱中して日焼け対策を忘れたため、サングラスを外すと顔は逆パンダ状態で真っ赤っか。腕はヒリヒリ。両手も人差し指と親指の爪を痛めてズキズキ痛みました。
ホテルに家内が持参したビワローションがあり、これが大助かりでした。

皮が剥ける状態でしたが顔も腕も指先も痛みが抑えられ、帰国後腕のみ少々皮が剥けるに留まりました。

『ビワと健康』  2004年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 強い日焼けにビワ化粧水
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入