視野狭窄が改善し大感激

福島県いわき市 西塔雅一 さん


ビワ温灸による改善例を三つ紹介致します。

まず、視野狭窄が改善した50代半ばの女性です。
この方は肩こりでビワ温灸を受けられましたが、頭にはフケが沢山出ており、頭皮自体もブヨブヨと軟らかい感じで、血液の流れが滞っていることがすぐにわかりました。

肩こりの部位はもちろんですが、頭部(とくに後頭部)を中心にビワ温灸を施しました。
一通り温灸が終わる頃には幾分頭皮が硬くなり、身体も楽になった様子でしたが、温灸後の感想はとても意外なものでした。

私の顔をまじまじと見据え、「頭の後ろまで見えるようになりました!」とおっしゃるのです。
この方は、長い間、自覚症状のない視野狭窄だったのです。

当たり前と思って過ごしてきた狭い視野がビワ温灸を受けるなりいきなり拡大したものだからビックリされたのです。
「今までが異常だったんですよ」と言葉を返しつつ劇的な改善に私も嬉しくなりました。頭皮の硬さが戻るにつれてフケも出なくなり、健康になられました。

リウマチの痛みが軽減

次にリウマチの女性(70代後半)ですが、この方は節々が痛んで一度横になると起き上がるのが大変で、人の手を借りている状態でした。
食が細く、消化器が十分に機能していないことが分かったので腹部を中心にビワ温灸を行ないました。消化器を温めると免疫力が上がります。

それと、ヒザが悪い人は何といっても鼠蹊部への温灸が一番です。脇の下も同様で、これらの部位に温灸を施してリンパの流れを良くすると大抵の病気は改善に向かいます。
3日に1回のぺースでお腹、腰、鼠蹊部、足の裏等にビワ温灸を当てたところ、3ヶ月目にはご自分で起きられるようになりました。

喘息発作が収まった!

最後は喘息の男性(70代前半)ですが、この方は長年船に乗っておられたそうで身体に無理を重ねてきた様子でした。
日中起きているときも咳き込みますが、とくに床について身体が温まると咳が止まらなくなるとのことでした。
背中、船、首の後ろを重点に当てましたが、「気持ちが良い」との言葉に改善への確信をもちました。

この方は1週間続けてビワ温灸を行なったところ咳が止まりました。
いずれのケースもそうですが、温灸を当てる部位として鼠蹊部は重要です。第三者では当てにくい箇所ですが、ご本人に「本気で治す」という気持ちがあるのなら外せないと思います。それだけリンパの流れは大切だと考えます。

あくまでも病気を治すのは本人の治癒力であり、私どもは補助として手助けをするのみですが、参考にして頂ければ幸いです。

◎連絡先
福島県いわき市勿来町関田堀切5
TEL0246−64−7915

『ビワと健康』  2003年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 視野狭窄が改善し大感激
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入