咽頭炎の咳が止まった!

鹿児島県加世田市 上村美明 さん (51歳)


今年の春先のことですが、母親(89)の咽頭炎と思われる症状と私自身の鼻炎がビワの種で改善しましたのでお伝え致します。

母は昨年12月に風邪をひいてからずっと咳が残っていましたが、2月に入ったある夜、突然喀血をしてしまいました。
これには家中慌てました。
後日、耳鼻科で診てもらった結果、血豆ができていたもののそれ以上の症状は見られず喀血の原因ははっきりしませんでした。

風邪をひいて以降2ヶ月間も止まることのなかった咳から推察すると、おそらく咽頭炎を起こしていたのだと思いますが、とにかく何かしなければと思い、頭に浮かんだのがビワの種(錠剤タイプ)でした。

とりあえず10粒飲んでもらいましたが、驚いたのは翌朝です。あれほど毎日続いていた咳がきれいに止まっていたのです。
その日を境に、晴れ晴れとした表情に変わっていく母親の姿を見ながら私はビワの種の素晴らしさをしみじみ実感しました。

母親の劇的な改善と前後しますが、その2週間ほど前、私は鼻炎による鼻づまりがひどく辛い思いをしていました。
私の鼻炎は、中学生のときに蓄膿症を患ってから慢性化したらしく何年かに一度強い鼻づまりを起こすのです。
その都度、完全に鼻呼吸ははできなくなり、とても不快な口呼吸のみの生活を強いられます。
いつも治療には点鼻薬を用いますが、それでも大体1ヶ月くらいはその状態が続きますから憂鬱このうえないのです。

ただ、今年はビワ療法を試してみようと思い、ビワの種(錠剤タイプ)を朝昼晩の3回に分けて20粒程度飲んでみました。
これがみごと的中したようで1週間続けたところで鼻づまりは解消し、鼻で呼吸ができるようになったのです。

今回、母親と私自身の連続の改善体験により、これまで理屈で捉えていたビワ療法の優れた力を実体的に確信することができましたので、これからは人様にも自身をもってご紹介できそうで楽しみです。

『ビワと健康』  2003年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 咽頭炎の咳が止まった!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入