リウマチの激痛を克服

青森県八戸市 ライフサイエンス研究所 福島彰 所長


9月8日、農家の主婦が重いリウマチで男性2人に抱えられて訪れました。

にんにくの選別の手伝いをしたあとで具合が悪くなり、急に身体を動かすことができなくなったとのことでした。
救急で病院にかかったそうですが痛み止めの薬のみで処方され、家族の方には「治りませんよ、手当ての方法もありません」と耳打ちされたそうです。

実際、処方された座薬を使っても痛みは取れず、当院に来られたときは両手、両足に激痛があって全く歩くことができず、脚もひどく腫れ、指はこわばって曲がっており、顔色も青ざめていました。
また、腰骨が隆起して両脇に突起がある状態で仰向けにもうつ伏せにもなれず、家では椅子に座ったままの状態で睡眠をとっているというあまりに苛酷な状況で、打つ手がないと嘆いておられたのです。

免疫力が低下し、胃が荒れているのが分かりましたから、まずはペパーミントとレスキューレメディーと呼ばれる5種類のフラワーエッセンスから作ったお茶を飲んで頂きました。
10分程度で吐き気が収まり、少し落ち着いてこられました。

次にむくみを取るアロマオイルを1滴垂らした足湯を15分行ないました。
椅子に座ったまま、脚を持ち上げ足裏からふくらはぎ、膝、太ももと1時間程度ソフトタッチのマッサージを施したところ、気持ちが良かったとみえて表情も和らいでこられました。
少し前かがみになってもらい、免疫力を上げるアロマオイル(ブレンド)を背中に塗布してマッサージを行ない、最後にビワ温灸を腰を中心に30分間当てました。

家族の協力ですばやい改善

施術前は悲惨な状況でしたが、施術後はどうにかトイレに立てるほど痛みが収まっていました。
しかし、症状からみて1週間に1回の施術では早期改善は困難に思えましたので、ご家族に協力をお願いしました。
「家で毎日、ビワ温灸とアロママッサージをしてあげてください」とお伝えしたところ、熱心にやっていただき1週間後に来られたときは手足の痛みが軽減し、多少の支えは必要なものの何とか自分で歩けるまでに改善し、顔色も良くなっておられました。
初めの1週間は座薬も使われたそうですが、2週間目には手足の痛みがなくなり、こわばりも取れて腰骨の隆起も消え、さらに3週間目に入るとうつ伏せ、仰向け、横向きといった姿勢が自由に取れるようになり、日常生活ができるまでに改善していました。

今回、予想を上回る早さで改善が得られたのは、免疫力を強化するするためにご家族が協力してくださり、連携できたことが最大の理由だといえます。手厚いホームケアこそが本当に大切だと思います。
なお、施術を補う目的で炭風呂も実行して頂きました。炭は36℃以上の温度になると遠赤外線を発しますから、皮脂腺から出る汗を通じて有害物質を排泄することができるのです。
とかく農家の方は農薬によって身体に毒素が溜まりやすいので有効です。

この炭風呂は15分〜20分が一つの目安です。

◎ライフサイエンス研究所
青森県八戸市鮫町中道20−14 種差自然公園内
TEL 0178−30−8830

『ビワと健康』  2003年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > リウマチの激痛を克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入