心筋梗塞の再発を防止

東京都豊島区 新國田津子 さん (57歳)

昨年の10月中旬、心臓がシクシクと痛み出しました。

私は以前、過労がたたって《心筋梗塞》で生死をさまよった経験があり、「ああ、まただな」と不吉な予感を抱きました。

7年前の心筋梗塞は突然やってきました。夜中の1時過ぎ、みぞおちに強い圧迫感を覚え、同時に激しい吐き気を催しました。

ただ事ではないと直感し、救急病院に連絡したのですが、あいにく内科の医師がいないとのことで、眠ることができないまま朝を迎えました。

早朝、かかりつけの病院で診てもらいましたが心電図に反応は現れず、軽い睡眠薬を処方してもらって帰宅しました。
しかし、どうにも体調が思わしくなく、もう1度病院で診てもらったところ、今度は医師の顔色が変わりました。

慌てて大学病院の救急センターに連絡をとってくれたのですが、病院に着くや否や集中治療室に運ばれ、4人の医師と20人近くの看護婦や検査技師などによる物々しい治療が始まりました。

冠状動脈3本のうち1本が詰まり、残りの2本に負担がかかり、もう1本詰まれば即、死んでしまう状況だったのです。
医師から「明日が山場です。親戚を呼んでおいて下さい」と告げられていたことを、後になって主人から聞かされました。

幸い、42日間の入院生活を過ごし退院することができたのですが、仕事最優先の私の生活姿勢に対して、医師から「無謀過ぎる」ときつく釘を刺されました。

副作用の頭痛、吐き気が消えた

しかし、7年の歳月の流れの中で、いつしか無理を重ねる生活に戻り、ここ4年間は病院に行かず、2年前からは薬を呑むことすら止めていました。
以前にもましてボランティア活動に熱を入れ、飛び回る毎日…。
心臓の痛みに「またか…」の思いがよぎり、同時に「今回は大事に至る前に処置しなければ」との気持ちから早目に病院に行き、薬を服用したのですが、強力な血管拡張剤だったらしく、割れるような頭痛に襲われたのです。

市販の薬を呑んでも一向に頭痛は収まらず、加えて激しい吐き気で、のたうちまわりました。
なす術がない状況下、主人がビワの葉温灸を当ててみようと言い出しました。

兎にも角にもすがり付きたい気持ちで温灸を当ててもらったのですが、約1時間半で、ウソのように痛みも吐き気もとれてしまいました。
まるまる30時間続いた痛みが、消えた…。
このとき改めてビワの葉に秘められた計り知れぬ力に驚嘆し、同時に必死で温灸を当ててくれた主人に心から感謝しました。

眠れぬ時も効果的

その後も私の多忙に変わりはありませんが、神経を使う仕事で夜眠れないときも、温灸を当てるとぐっすり眠れるようになりました。
寸暇を惜しんでビワの葉温灸を習慣づけることで、生活に安心感が出てきました。

『ビワと健康』  96年1月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 心筋梗塞の再発を防止
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入