喘息の痰が切れた!

北海道 B・K さん (男性・67歳)

(娘さんから寄せられた体験談です)

北海道に住む父は、私の記憶する限り、チリ紙を手放したことがありません。
喉に痰がからんでいつもゲホゲホ、子供心にかわいそうだなと思ってきました。

いくつも病院を変え、低周波の治療を受けたり、漢方薬を服用したり…。
ありとあらゆる治療を試しましたが、何十年来、痰が切れることはありませんでした。

10月末、久しぶりに帰省したところ、とうとうチリ紙では間に合わなくなったらしく、部屋の隅に痰壷が置いてありました。
さすがに私もその光景にはショックを受けてしまいました。

帰省するにあたり、知人から勧められたビワの葉温灸器を持参しました。私自身はろくに温灸手当を受けたこともなく、ただ、「もしかしたら父に効くかもしれない」との思いから持参したのですが、肝心の父はまったく否定的でした。

さんざん健康雑誌を読みあさり、健康に関する知識も人一倍の父は、「ビワの葉温灸なんて雑誌にはほとんど出てないし、『ビワと健康』の体験談だって作り話に決まってる。俺は今まで何をやってもダメだった。一生治らないんだから、こんな器械、持って返れ」と言うのです。
それでも何とかなだめつつ、夜、1時間ほど喉の後ろや首の回り、気管支の周辺に手当してみました。

その間、父は「もういい、もういい」と嫌がりましたが、温灸が終わってから不思議と痰の絡みが少なく、床に就くまで1〜2回しか咳き込まなかったのです。

翌日も明らかに痰の絡む回数が少なく、再び温灸を当てた際、「この器械のせいだとは思わないが、1日楽だった。早く使い方を教えてくれ」と言い出しました。
これには私も母も、呆気にとられてしまいました。

また、母の話ではいつもいびきをかく父が静かに寝ていたとのことでした。
結局、温灸器はそのまま父にプレゼントし、補充用のビワの葉エキスを送ることを約束して帰ってきたのですが、最高の親孝行ができたことを嬉しく感じています。

『ビワと健康』  95年12月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 喘息の痰が切れた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入