潰瘍性大腸炎の下血を抑える

埼玉県草加市 S・I さん (50歳)

おととしの暮れ、主人の下血が始まりました。

以前、痔の手術をしたこともあり、単なる痔だと思って横浜のM病院で治療を受けることにしたのですが、検査の結果、S字結腸付近に潰瘍ができていることが判明しました。

「便の溜まるあたりで、治りづらいですよ」と言われ、腸の特効薬(おそらく抗生物質)を処方してもらって服用していましたが、10日間くらい経って微熱が出るようになりました。
肝臓に負担がかかり、数値も上がっていたのです。

しかし、病院では「風邪でしょう」と診断され、ピリン系の薬を渡されました。

これがよくありませんでした。もともとジンマシン体質の主人は、全身が真っ赤にただれ、手の施しようがなくなりました。

腸、肝臓、ジンマシン…。三重の苦しみに耐えかね、知人を頼って慶應病院を紹介してもらいました。

精密検査の結果、「肝臓の数値が高いので入院が必要です」と診断され、12月の末、入院しました。

治療にあたり、医師から「ご主人にはこれ(ステロイド)しかありません」と断言されたのですが、私は直感的に西洋医学の限界を知らされたような気がしました。

治療を始めてから20日ほどで、ジンマシンや下血が収まり、腸の潰瘍も一過性のものだったらしく消えてなくなり、2月の初めには退院することができました。

しかし、わずか1ヵ月の入院期間に体重が10kgも減ってしまい、私には治療で治ったというより、まとまった静養で収まったにすぎないように思えました。
退院から2、3ヵ月。気を抜いた主人はフランス料理を食べてしまいました。

たちまち下血が始まり、今度はステロイドを使っても収まりません。それではと、以前M病院でもらった薬を服用した途端、アッという間に全身にジンマシンが出てしまいました。

西洋医学の薬ではダメだ…、と私の心が叫び、「漢方薬で治そう」と主人に言いましたが、肝心の本人は「漢方薬は信じられない。近所の皮膚科で治す」と言い張りました。
やむなく私一人で漢方薬局に行き、購入した薬を服用させたところ、1日半ですっかりジンマシンは消え、肝臓の数値も正常に戻りました。
ただし、下血と貧血は収まりませんでした。

ビワの葉温灸の止血効果

そうこうしている時に出会ったのがビワの葉温灸です。
西洋医学一辺倒の主人は半信半疑で温灸を受けたのですが、ことのほか止血に効果が高く、1週間に1回程度の下血になりました。
また、貧血も一桁だった数値が正常値(二桁)に戻り、血行が良くなって皮膚もピンク色になったのです。

論より証拠とはこのことでしょう。主人も、「気持ち良さは感じない」と言いつつも、毎日30分以上、購入した温灸器で自分で温灸手当をしています。足や腹、胸などは本人が、そして手の届かない背中は私が手当するのです。
止血はビワの葉温灸、腸は漢方薬。副作用のないもの同士の併用と、バランスのとれた食事摂取によってようやく主人の健康管理の形ができつつあります。

『ビワと健康』  95年11月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 潰瘍性大腸炎の下血を抑える
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入