《喘息人生》にピリオド

埼玉県越谷市 新戸三重子 さん (72歳)

17歳の春、突然胸が苦しくなり、近所の開業医で診てもらいました。その時は注射を打ってもらってすぐ収まったのですが、まさかこれが私の《喘息人生》の始まりとは思ってもみませんでした。

以来、50の歳を数えるまで、発作が起きるたびに開業医に駆け込むことの繰り返しで、やがて50歳を過ぎた頃から咳や痰がひどくなり、注射を打っても収まらなくなってしまいました。

やむを得ず開業医への通院から市立病院の治療に切り替えました。
そこでは主に点滴治療を受け、何とか発作が収まるようになりましたが、それでも1本の点滴では効果がなく、2本続けて受けることもしばしばでした。

当初、市立病院では《気管支喘息》と診断されましたが、55歳の頃には《心臓喘息》と病名が変えられ、症状も次第に重くなっていることを自覚しました。

病状の悪化に伴い、服用する薬の量が増え始めました。初めは1回につき5〜6粒だったものが、気づいた時には朝、昼、晩、毎回15粒を常用するようになっていました。
発作が出るのが怖い…。呪縛にも似た一念で、1日も欠かすことなく決められた量の薬を呑み続けたのですが、7年ほど前から手に震えを覚えるようになり、やがて食事を摂ることすらままならぬほど、激しく震えるようになりました。

また、10年くらい前から耳が聞こえにくくなってきたこともあって、絶望的な気持ちで毎日を過ごしていました。

まる5ヵ月のビワ温灸で完治

そうしたとき、娘婿からビワの葉温灸を紹介されました。
最初に温灸手当を受けたのは平成4年7月。背中の左側と左胸を集中的に、みっちり1時間手当してもらいましたが、かつて経験したことのない気持ち良さでした。この手当を3ヶ月間、毎日やってもらいました。
その後の2ヶ月間は、2〜3日に1回のペースで続けたのですが、まる5ヶ月が過ぎた頃には胸がすっきりし、喘息の発作は勿論のこと風邪すらひかなくなってしまいました。

しかし、長年の習慣とは恐ろしいものです。私の様子を見ながら家族は「もう喘息は治ったのだから、薬を呑むのはやめたほうがいい」と助言してくれましたが、どうしても発作の恐怖が頭から離れず、薬の服用をやめることはできませんでした。
ところが今年の8月、手の震えがいっそう激しくなり始め、歩くことも辛くなってしまいました。
仕方なく、沸き起こる恐怖心と戦いながら、思い切って全ての薬の服用をやめることにしました。
すると2〜3日後、不思議なくらい自然に手の震えはなくなりました。

発作の恐怖が自分の身体を薬漬けにしていたことが初めて分かり、別の意味でのショックを受けました。
私はビワの葉温灸との出会いをきっかけに、本来の人生を取り戻すことができたのです。

帯状胞疹、不整脈にも効果

温灸の効果はほかにもたくさん現れました。
15年間患っていた帯状胞疹(ヘルペス)も6ヵ月間の手当で完治し、今では全く痛みがありません。
また、手足の神経痛や不整脈、激しいイビキもいつの間にか治ってしまったのです。
さらに、白髪の生える量が以前より圧倒的に少なくなり、2ヵ月に1回の染めが半年に1回で済むようになりました。

今でこそ頑固に薬にこだわった自分を笑って振り返れますが、もしビワの葉温灸と出会わなかったら…、と考えると空恐ろしい気がします。
娘と娘婿に心から感謝しています。

『ビワと健康』  95年11月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 《喘息人生》にピリオド
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入