顔面麻痺にビワの葉温灸

東京都世田谷区 佐々木洋子 さん (53歳)


一昨年の1月、突然、顔半分が麻痺してしまいました。

家から表に出た途端、まるで南極にでも放り出されたような異常な寒さに襲われ、ガチガチ震えながら職場に向かいました。数時間経ってから顔の左半分がつっているような変調を感じ、友人に「私の顔どうかしてる?」と聞いてみたのですが、どうもなっていないという返事でした。

翌日、脳外科で診てもらったところ、「原因は不明です。ただ今後どんどん症状は悪化するでしょう」と言い渡されました。

とりあえず電気治療を受けましたが、医者の言うとおり日増しに麻痺は進行し、4日後には右半分が死人のようになり、眼球も動かなくなりました。

自分ではてっきり左半分がつっていると思っていたのですが、実は右半分の筋肉がだらけ、正常な左側の筋肉に引っ張られていたのです。
医者の指示で、絶対に顔を冷やさないようにしていましたが、仕事の都合でやむなく北海道に行くことになりました。

「治らなくなりますよ。それでもいいなら行きなさい」という医者の言葉には戦慄を覚えました。

北海道に着いて間もなく、私の顔を見て心配した知人が、日本でも三指に入るという整体師を紹介してくれました。
脊髄の矯正治療を受けた後、「臓器がボロボロです。今日、矯正治療をしていなければ5年間は入院していたでしょう」と明言され、ドキッとしました。

太陽の光が貫く感覚

また、他の人から「ビワがいい」という話を聞き、さっそく帰京後、温灸手当を受けてみました。
足のツボから始まって、基本のツボに一通り温灸を受け、最後に頭のてっぺんの百会(ひゃくえ)のツボに温灸器が当てられた瞬間、何か大きなエネルギーが全身に走りました。太陽の光が貫く感じで「間違いなく治る」と直感しました。

それから1ヶ月間、毎日温灸を続けてみましたが、電気治療とは全然異なり、温灸を受けた後は身体がいつまでもポカポカし、死んでしまった細胞が少しずつ蘇ってくるという感覚を体験しました。

顔面麻痺が完全になくなった今でも、疲れて手足がむくんだ時など、ちょっと暇を見つけては自分で温灸を当てています。また、20年前に痛めた腰はいわば私の持病ですが、痛くなりそうだな、と感じるとすかさず温灸を当てておくと全く大丈夫です。
ビワとの出会い、それは私にとってまさに宝です。

『ビワと健康』  95年10月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 顔面麻痺にビワの葉温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入