ビワの種で手首のコブが消えた

神奈川県大和市 重広紀子 さん (47歳)

平成2年10月、娘の出産の際に《卵巣茎捻転》で手術を受けました。

卵巣が腫れ、ガンになりかけていたため抗ガン剤を2度ほど打ったのですが、その頃からとても身体がだるくなり、夜9時に寝ても翌朝7時に起きるのが辛く、立って掃除機をかけることすらできなくなりました。

友人の勧めでアロエを半年間続けたところ、かなり調子は良くなりましたが、30万円の出費は大きいものでした。

アロエをやめてからも、高麗人参茶やアルカリイオン水などを飲んでいましたが、やはり体調は思わしくなく、そればかりか昨年の8月、右手首にコブができてしまいました。

ガンのしこりでは…と心配を募らせていた矢先、知人からビワの葉温熱療法の存在を知らされました。

ビワの葉温灸を受け、ビワの種を食べてみたのですが、私の身体は種に反応を示しました。

購入した種を1日4〜5個、毎日食べるようにしたところ、およそ2ヶ月で手首のコブが消え、あれほどだるかった身体もすっかり楽になったのです。

健康を取り戻せたことが嬉しくて、身体の調子が悪い友人にビワの種を勧めてみました。

私同様、足にコブができていた女性のコブがとれたり、ひどい生理痛で《チョコレート嚢腫》寸前だった人が良くなったりと、改めてビワの力を実感しています。

『ビワと健康』  95年9月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワの種で手首のコブが消えた
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入