骨粗鬆症に効果てきめん

神奈川県 佐々木スギ さん (45歳)


鹿児島で農業を営んでいる父(中尾照光さん・75歳)は、長年の足腰の痛みに加え、今年に入ってやたらとふくらはぎがつるらしく、総合病院で診てもらったところ《骨粗鬆症》と診断されました。

父は以前にも膝の水を抜いたことがあり、とても心配でしたが、神奈川在住の私は何もしてあげられずにいました。

4月下旬、偶然友人からビワの葉温灸を紹介されました。
講習会に参加した私は『これなら…』と確信し、さっそく温灸器を購入して田舎に送りました。

1週間後、電話をかけて様子を聞いてみたところ、「まあ、4、5日じゃあね」と母の気のない返事が返ってきました。

何か自分の期待が空振りした感じがして、「もっと熱心に温灸しなきゃダメじゃない」と強い口調で責めてしまいました。

ビワの葉温灸器の効果に大喜び

それから1ヶ月たって再び連絡したところ、いつもは無愛想な父がわざわざ電話口に出て、開口一番「お前が送ってくれたアレ(温灸器)、すごくいいぞ」と言ってくれました。

後で母に事情を聞いてみたところ、温灸を始めて1ヶ月もしないうちに足がつらなくなり、日増しに膝や腰の痛みがとれて畑仕事が全く辛くなくなったとのことでした。

みるみる調子が良くなるのが嬉しくて、暇さえあれば温灸を当て、また父同様に腰痛と膝痛で苦しんできた母も、交互に温灸を当て合うことで、ずいぶん楽になったというのです。

温灸器と一緒に送った本には、《腰痛に効くツボ》の箇所に赤印をつけておいたのですが、もっぱら2人は痛いところを中心に温灸しているようでした。

6月中旬、200ml入りのビワの葉エキスが半分になったと聞いていたので、『2ヵ月で半分なら8月の初めころにエキスが切れるかな…』と予想していたのですが、早々と6月末には「エキスがなくなったから送ってほしい」と催促の電話が入りました。

どんどん健康を取り戻し、嬉しくて仕方ないといった様子の両親の姿が目に浮かび、いい親孝行ができたととても感謝しています。

『ビワと健康』  95年9月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 骨粗鬆症に効果てきめん
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入