極度の冷え症が治った

東京都大田区 渋谷日出子 さん (60歳)

7年くらい前から冷え症の症状が出始めました。

初めのうちは胸の圧迫や腹部に痛みを感じる程度でしたが、次第に症状は悪化し、2年後には胸全体に針を刺されるような激痛が走り、同時に身体中びっしょり脂汗をかき、汗がひくと再び胸が激しく痛むという状態に陥りました。

特に夏場が大変でした。冷房や扇風機はもちろんのこと、かすかな風にも身体が過敏に反応してしまうので、真夏だというのに窓を閉め切り、ドアの下のわずか5mmのすき間にも手拭いを挟んで風の進入を防ぐありさまでした。
「そんなことしてると熱射病で死んじゃうよ」と友人から注意されたこともありました。

また、街を歩いていても冷房の風を受けると途端に具合が悪くなり、激痛と脂汗で口も利けなくなり、慌てて駅のトイレに駆け込み、着替えるようなこともしばしばでした。

ところが不思議と病院の検査では異常が見つからず、医師からは「冷えからくる症状でしょうから、使い捨てカイロでも使ってみて下さい」と言われました。
異常はないと言われても、実際は生きた心地ではない。そんな事情から3年前、民間療法を受けてみました。
そこでは「肩甲骨と背骨の間が張っていることが異常症状の原因」と診断されました。

確かに診断は当たっていたようで、治療の効果は出ました。しかし、残念ながら2〜3ヵ月するとまた元に戻ってしまいました。
やむを得ず民間療法をやめ漢方薬の服用に切り替えてみましたが、足だけポカポカするばかり…。「良薬口に苦し」のたとえ通り非常にまずくて、1年続けた頃には身体が拒絶反応を起こすようになってしまいました。

ビワの葉温灸との出会い

これといった効果的な治療法が見つからず、苦しみの最中にあった今年の6月、知人にビワの葉温熱療法の講習会に誘われました。
6月半ばなのにセーターの重ね着に毛糸のズボンといういでたちで、ストーブにあたりながら講習を受けました。

講習が終わりしだい、温灸手当を受けたのですが、非常に気持ちが良く、身体が温まり、痛みが消えていきました。
この講習会をきっかけにさっそく温灸器を購入した私は、毎朝1時間、自分で温灸を始めました。

また1週間に1回、友人が肩甲骨に当ててくれるのですが、1ヵ月もしないうちにセーターが脱げ、普通の人と同じように半袖の服を着ることができるようになりました。
以前は旅行はおろか食事の支度すらままならないことがありました。今思えば私以上に家族が病気の被害者だった気がします。

ビワと出会ってわずか70日。全身脂汗をかいて着替えていた頃がウソのようです。
今は肩甲骨と肩甲骨の間の一部だけが汗をかくのでタオルをあてがっていますが、このタオルが必要なくなった時、みんなでお祝いしようと楽しみにしています。

『ビワと健康』  95年9月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 極度の冷え症が治った
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入