乳腺炎には中府のツボ

埼玉県越谷市 竹本幸枝 さん (30歳)


昨年の5月、2人目の子供ができたとき《乳腺炎》になってしまいました。お乳が出ず、胸が腫れて40℃の高熱がでました。

私は4年前にも同じ症状で大変つらい思いをしたことがあります。

治療を受けた病院では、乳腺を開くために膿んだ胸を揉みしごかれました。しかし、お乳は出ず、その日は解熱剤だけもらって帰りました。

翌日も揉みしごかれ、医師から「これでダメなら膿を取り除く切開手術が必要です」と言い渡されました。

幸いにもこの時はお乳が出たので手術は免れましたが、その痛さと恐怖は今も忘れられません。

ビワの葉温灸が奏効

そういう辛い経験があっただけに「またか…」と悲壮な気持ちになりました。
ただ今回、私にとって救いだったのは、4年前の乳腺炎の後、ビワの葉温灸と出会っていたことです。

ひどいぎっくり腰をわずか3回の温灸で治してもらった経験から、「もしかしたら乳腺炎にも効くのではないか」と考え、さっそく温灸手当を受けることにしました。(ぎっくり腰についての竹本さんの体験談はこちらをご覧下さい。)

解熱のツボとされる「大椎」(だいつい)、胸部のツボ、さらに胸まわりの熱をもっている箇所に温灸器を当ててもらいました。

すると2〜3時間後には2度くらい熱が下がり、翌朝には完全に熱はひいてしまいました。
また、乳腺の詰まりもとれお乳が出始めました。

2日目は、痛みが少し残っていたので解熱のツボを省略し、胸部のツボを中心に温灸器を当ててもらいました。
結局、4年前のような痛い思いをすることもなく、2回きりの温灸手当で治ったのです。

その後1〜2ヵ月経ってからもお乳の詰まりを感じることがありましたが、購入した温灸器を使って、自分で乳腺を開くツボ「中府」(ちゅうふ)に当てて治すことができました。

『ビワと健康』  95年8月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳腺炎には中府のツボ
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入