脳血腫の後遺症を克服

埼玉県越谷市 林 島 さん (64歳)


平成5年2月1日、運動の最中に転倒し、後頭部を打ってしまいました。
病院では《頚椎捻挫》と診断され、「1日中安静にしているように」と言われました。

ところが、それから1ヶ月くらい経って身体に変調が現れ始めました。やたらとあくびが出るうえに脱力感に襲われるようになり、通常120程度の血圧値も最高158まで上がってしまいました。

そればかりか、テーブルに置いたつもりのどんぶりを床に落としたり、自転車の運転中、左へ左へとハンドルをとられて土手から落ちそうになったり、ついには極度の脱力感から転んだ自転車を自分で起こすことすら出来なくなってしまいました。

さすがに心配になり総合病院でMRIを撮ってもらったところ、「すぐに入院しないと死んでしまう」と言われました。
病名は《両側慢性硬膜下血腫》。頭蓋骨の左右内側に、ぼた餅くらいの血の固まりが出来ていて、大脳を圧迫し続けていたのです。
入院から数日後、4時間半にわたる洗浄手術を受けました。手術は成功しましたが、医師からは「脳神経の後遺症は完全には治らない」と言い渡されました。

凄まじい後遺症に苦しむ

事実、後遺症は凄まじいものでした。
頭の中で先浄水の流れる音が聞こえ、鉄の皿を被せられているような圧迫と激しい痛みに悩まされ、また、腰が曲がって手すりなしには歩くことができず、自分1人では1時間かけても下着すら着けられない日々が続きました。

「もしかすると手術は失敗したのではないか…」との絶望感から、衝動にかられて6回も病院の屋上に上りました。しかし、いざとなると死ぬことは出来ませんでした。

なんとか入院生活を終え、通院でリハビリを始めたものの、徒歩5分のアパートから30分かけて病院に通うありさまでした。
歩く歩幅はわずかに10cm。杖も満足に握れず、ガードレールや塀につかまっての通院でした。

あまりの辛さを医師に訴えたところ、「あまり勧められないが…」と、劇薬を処方してくれました。幸いにも2週間の服用で身体のヨタヨタは治りましたが、頭痛や頭重は相変わらずで、ほかにも様々な症状が現れてきました。

中耳炎、座骨神経痛、手足の抹消のしびれ、食欲不振、身体の硬直、等々…。
転倒事故からまる2年間、マッサージ、鍼灸、温泉治療、気功、電子治療、漢方薬、健康食品と、いいと言われるものはみなやってみました。

ビワの葉の効き目に驚く

そんな私がビワの葉と出会ったのは今年の2月に入ってからです。
風邪をひき、熱を出して寝ていたところ、近所の知人がビワの葉を2枚もって見舞いに来てくれました。
解熱作用があるとのことで、額と後頭部に当ててみたのですが、夕方には熱は下がってしまいました。
ビワの葉にアミグダリンという成分があり、身体に良いという話は以前から聞いていましたが、まさかこれほど効き目があるとは…。

このことが縁となり、3月の初旬から本格的にビワの葉温灸を受けるようになりました。
初日、1時間半ほど温灸を受けたのですが、自分でも元気になっていくのがはっきり分かりました。
その後は温灸の回を重ねる度に、水が溜まってブヨブヨにむくんでいた頭が次第に硬くなり、あれほど苦しんだ頭痛や頭重から解放されて、本来の自分の頭に戻りました。

いま思えば温灸を始めた当初、両目からやたらと涙が出てタオルがぐっしょり濡れることが続いたのですが、「百会」(ひゃくえ)、かかと、こめかみ等を念入りに温灸してもらったことで、頭の中の水が涙となって出たのだと思います。

ビワの葉療法を生活に取り入れる

現在私は、ビワの葉温灸は週に1回。ほかにもビワ茶、ビワの種、ビワ入浴剤をとり入れ、毎日欠かさないようにしています。
また、後遺症のひとつで筋肉の緊張からくる背骨、肘、膝、指などの痛みもあるのですが、《血液の循環を高め筋肉の緊張を和らげる》ビワのお風呂でずいぶんと楽になりました。

どこの病院に行っても完全には治らないと言われていただけに、ビワとの奇跡的な出会いを心から感謝しています。

『ビワと健康』  95年7月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 脳血腫の後遺症を克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入