全身の皮膚病が治った

神奈川県横浜市 吉岡 絹子 さん (32歳)

2年前、手のひらにポツンと小さな水疱ができました。最初は気に留めていなかったのですが、次第に水泡の数は増え、潰れるたびに痛むようになりました。

半年経った頃には炊事仕事もつらくなり、近くの個人病院で診てもらいましたが原因は不明でした。

しばらく服用薬と塗り薬の治療を続けました。しかし効き目はなく、発病から1年後には足にも水泡ができ始め、足の裏や側部を押すと膿が出て、靴を履くのもつらくなりました。

その後、横浜の総合病院で検査を受けたところ、《掌蹠膿疱症》(しょうせきのうほうしょう)と診断されました。
ここでも服用薬と塗り薬をもらいましたが一向に良くならず、あとはどこの病院に行っても同じ結果でした。

また、長崎に帰った際、「原因は”血の道”だろう」と言われ、漢方薬を処方してもらいました。半年ほど続けたのですが、全身赤くただれ、かさぶただらけになってしまいました。

痛くて痒くて、下着を着けることもできず、足が熱をもって夜も眠れない日が続きました。

悪くなる一方で治る見込みがない…。
そんなどん底の気持ちでいた時、友人からビワの葉温灸を紹介されました。

友人の家でさっそく温灸手当を受けました。
足、手、背中、腹、首、頭など、基本のツボを中心に、特に背中と腹部を入念に手当してもらったところ、非常に気持ち良く、びっくりするほど《水音》(すいおん)が鳴りました。

また、その日からお風呂に「浴用びわの葉」を入れ、ビワの葉茶も欠かさず飲むようにしました。
すると驚いたことにわずか半月でかさぶたもただれもなくなり、夜もよく眠れるようになりました。

私の場合、ビワの葉温灸は2〜3週間に1回程度ですが、入浴剤はいつも2パック入れるようにしています。
ビワに出会って3ヶ月。手足の一部を除いてほぼ完治しました。

2年間苦しみ続けたことがウソのようで、まわりの人からも「表情が明るくなったね」と言われるようになりました。

『ビワと健康』  95年7月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 全身の皮膚病が治った
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入