ビワの種で喘息が回復

埼玉県越谷市 立石尚彦 さん (39歳)


2年前の7月初旬、うっかり夏風邪をひいてしまいました。始めは単なる風邪とタカをくくり、市販の風邪薬とCMでお馴染みの喉に直接噴き付ける薬を買ってきて併用していたのですが、それがよくありませんでした。
咳と痰がひどくなり、病院で診てもらったところ《喘息》と診断されました。

通院しながらいろいろな検査を受け、薬の量も次第に増やしてもらったのですが、一向に効果が現れず、気管支閉塞で救急車で運ばれる騒ぎもあって、とうとう同月28日、入院する羽目に陥りました。

入院後も咳と痰はなかなか止まらず、やむなく吸引療法に加えてステロイド系の薬を投与することになりました。この薬は骨がもろくなるなどの副作用が強く、医師も躊躇していたのですが、仕方ありませんでした。

入院から約1ヶ月、8月下旬にようやく退院できました。1ヶ月間は自宅療養し、何とか10月から勤めに出られるようになりましたが、薬の副作用で顔がパンパンに膨れる《ムーンフェース》になり、足の捻挫なども治りにくい状態が続きました。
調子を見ながらステロイド系の薬の量を減らしてみたり、増やしてみたり…。

ビワの種に意外な効果

かれこれ1年以上悩まされた昨年の暮れ、偶然ビワの種に出会いました。
妻に頼まれて焙煎済みのビワの種をコーヒーミルで挽いていたところ、いくらか粉を吸い込んでしまいました。しばらくすると肺が痛み始めたので妻に代わってもらい横になりました。

ところが不思議なことに翌朝起きるととても身体が軽く感じられ、「今日1日、薬をやめてみようかな」という気分になったのです。
成人病予防のつもりで半信半疑で購入したビワの種でしたが、結局この日を境に咳と痰はほとんど出なくなりました。

今は吸引治療と、朝晩1個ずつビワの種を食べることを日課にしています。
おかげで副作用の心配はまったくなくなりました。

『ビワと健康』  95年6月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワの種で喘息が回復
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入