症状別のツボ(気管支喘息・ぜんそく)

気管支喘息(ぜんそく)に対する温灸のポイント

  1. 背中、首筋を丁寧に(多壮)
  2. 胸、喉元も丁寧に(多壮)
  3. 毎日20〜30分温灸する
  4. 小児ぜんそくは身柱に、熱くなる前に移動する(12秒前後)

※上図は、当会の 『会員手帳』 から引用したものです。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワ温灸のツボ > 症状別のツボ(気管支喘息・ぜんそく)