統合医療の新時代に向けて

池田神経内科クリニック院長・池田国義先生にインタビュー


池田国義先生のプロフィール

昭和44年熊本大学医学部卒業。
自衛隊中央病院外科、慈恵医大精神科を経て、現在船橋北病院に勤務。
池田神経内科クリニック院長。
ガンやリウマチなどの難病治療に、催眠療法、気功療法、ビワ療法などホリスティック医学に根ざした治療を積極的に取り入れている。

池田神経内科クリニック
千葉県市川市大町256−20
Tel:047−338−0766

医療催眠を本格的に導入

  • ビワ温灸はじめ様々な療法を導入してガンやリウマチなどの難病治療に積極的に取り組んでおられるそうですが、まず池田先生が行っておられる治療の概要を教えてください。
    ガンやリウマチ、パーキンソン病等を扱っていて感じることは、いずれの症状にも非常にストレスが関係しているということです。
    にも関らず、日本では精神医学であっても内面的な治療にはあまり深くタッチしていません。
    パーキンソン病を例にとると、発症しやすい性格的傾向を判断したり暗示療法を行う程度です。現在、日本には医療催眠と呼ばれる医療系の催眠を本格的に行っているところは殆どありません。
    アメリカでは、サイモントン療法などのイメージ療法やバイオフィードバック療法でガン治療の実績を上げています。
    私は日本でもそういう治療の施設ができればいいと思っています。そういうメンタル系の治療にビワ温灸や鍼、気功などの物理的な療法を併せて統合的な治療法を確立していきたいと考え取り組んでいます。

  • 催眠療法によってガンなどの難病が治せるのですか?
    例えばパーキンソン病にしても、本当にパーキンソン病かどうかの診断はなかなか難しいことがある。明らかにパーキンソン病と判断できる症状以外にパーキンソン病らしくない面もある。
    ある患者が電車に乗っていて、次の駅で降りなければならないと意識すると緊張して立てない。ところが、駅の直前になるとヒョイと立てることもある。常に身体が硬直しているわけではない。心理療法でいうリソース、すなわち人間の中には病気を治す力が潜在的にあるのです。
    どんな病気にもそうした力があるのですが、眠っている。使い方が分からなくなってブロックされている。それを上手に利用するという考え方です。
    そのリソースを導き出すために用いるのが催眠療法とかイメージ療法なのです。

潜在的治癒力にアプローチ

  • 催眠療法はどのように行われるのですか?
    催眠療法では、患者の過去をずっと遡っていきます。いつ頃、どんな形で発症したのか、病気の原因を筋肉反射テストによって調べていくやり方もあります。筋肉というのは単なる肉ではありません。過去の情報が全部インプットされています。
    リウマチにしてもガンにしても何歳の時に誰に対してどういう感情を持ち、どうなって病気が生じたかという原因をリアルタイムで調べることができます。
    このテストを行うと患者も自分自身の大事なことに気付き関心を持つようになります。どこを改善しなければいけないのか、最優先すべきものは何なのかを見出しリソースを応用してケアしていくのです。

  • 催眠療法による改善例を教えてください。
    特別な例としてリウマチの痛みが踵など数ヶ所に出ていた女性が1回の催眠療法で改善したケースがあります。
    催眠療法を始めると彼女は広い田んぼに座っていると言うのです。目の前には細い川があり、向こうからネズミ男のような姿の人物が歩いてきて、川の中に入り、やがて川から出て自分の方にやってきたそうです。すると後ろから宇宙人か熊のようなものがきて、そのネズミ男を取り押さえてしまった。ネズミ男はびっくりして川の中に入り向こうに出ていった。
    催眠療法が終わるとリウマチの痛みが消えていて、それ以降一度も出ていません。
    ネズミ男は病気の症状、宇宙人か熊は本人の中のリソースだと思います。

  • その女性が病院で受けていた投薬治療は治療の本質ではなかったということになりますね。
    病気は薬では根本的には治りません。
    やはり特例ですが20代の女性で鬱病とトラウマがあって自閉的な生活をしていた患者がいます。病院では脳器質性障害と診断され、簡単な計算すらできず、仕事に就いていませんでした。この方も催眠療法で一瞬にして治り、今では医療事務の仕事をしています。
    催眠療法を受け、帰宅してパソコンを見ていると頭上から煙突のようなものが入ってきて身体が飛び上がる感じがしたそうです。すると愉快でたまらなくなり、途端に計算する能力が回復したのです。
    この方の筋肉反射テストでは幼い頃のトラウマと共に受精直後のストレスに原因があると出ました。受精卵は丸い形状ですが、3週間から1ヶ月くらい経つと縦に伸びます。それがストレスになっていたのです。その修正法を行うことで改善しました。

本当の治療には感動が伴う

  • とかく病気になると目の前の症状にとらわれがちですが、原因ははるか意識の下に存在しているのですね。驚きです。
    人間には線形領域と非線形領域がありますが、生命の中には因果倶時(いんがぐじ)という後者の領域があります。そこが開いたわけです。すると瞬間的に変化が現れる。自律神経も非線形領域まで繋がっていると思います。
    催眠とかイメージ療法を使ってその領域にアプローチしていくことで、自律神経のバランスが取れて病気が治ってくる。病気が治る本質はそこにあると思います。
    これからの医療の最大のテーマは《場》の解明だと言われていますが、本当に病気を治そうと思えば、前世催眠まで行う必要があるという人もいます。

  • 前世を探ることで病気が治癒するのですか?
    業というものです。
    例えば内観療法というものがあります。元々は仏教の修行で山にこもり飲まず食わずで己を見つめるところからきていますが、これは自分自身を見つめて治す非常にパワフルな治療で、数日間で改善する人が多い。
    仏教では病気の原因を6つ挙げています。5つまでは西洋医学で解明できますが、6つめは業病といって生まれる前から備わっているもの。
    つまり、場という観点から見ると生命場という人間存在を形づくる場がある。死後も存続することが科学的に証明されることが期待されている。遺伝子すら生み出した情報があるわけで、情報として残り似たような場を作っていくという考え方です。
    病気とは情報処理障害です。情報がきちんと処理された状態とは、人間の中にある仏性が開かれたような状態を指すのだと思います。

  • それが真の健康体ということですか?
    癒しのレベルは深まっています。病気が癒されるというのは本当は深い感動を伴います。これからの治療は単に症状が消えたから治ったという次元ではなく、人間的に深まることで情報が処理できるようになり、精神的世界が広がって病気が治るという次元になってくると思います。
    そうなると、また同じような状況に陥っても自分で未然に病気を防ぐことができるようになります。

  • 宗教性につながってきますね。
    情報という意味で治療には宗教性が必要です。情報とは知情意です。『情緒の教育』という本を著した数学者の岡潔氏は、天皇陛下から「数学とはなんですか」と質問され、「数学とは情緒です」と答えたそうです。知的な学問と思われる数学も根源的には情が司っているということ。つまり、情緒が深まれば病気だって治りやすくなるわけです。

ガン治療とビワ療法

  • ところで、ビワ療法を導入されたきっかけは何ですか?
    昔、アイロン療法を体験したことがあります。非常に気持ち良かったのが印象に残っています。
    慢性病の患者は大抵身体が冷えています。子供のアトピー性皮膚炎も足湯とかで徹底的に温めるだけでかなり改善するケースがあります。
    熱によって免疫を高める温熱療法はとても有効です。
    ビワ温灸はとても気持ちが良く、成分としても抗ガン作用があるので導入しました。患者の評価も高いですね。

  • 『ビワと健康』の読者に温灸のポイントをご紹介ください。
    ガンのツボでいうと、お尻と膝裏の中間点のやや外側下(図中・A)が挙げられます。
    それと足裏の圧痛点で、「湧泉」より少し内側(図中・B)です。
    どちらもガンの患者によく見られます。
    抗ガン剤で白血球やリンパ球が減少している場合は「足の三里」です。それから「完骨」とか首の周辺もいいですね。
    外後頭隆起も重要です。ちょうど丸く突き出た骨の辺りで「脳戸」というツボがあります。

  • これらの部位はどんなガンにも良いですか?
    もし、肺ガンの診断なら大腿骨の基礎穴に肺兪の圧痛点というふうに個別にみていきます。
    胃ガンなら「中カン」や「承満」をみていきます。
    頭部は自律神経に近いので大切です。
    もちろん、背中や腹部にも当ててください。それと身体の正中線上の「任脈」「督脈」は大事です。
    ですから、子宮ガンとかで手術を余儀なくされた場合は、医師に頼んで正中線を外してメスを入れてもらうことも必要です。正中線は心理学的にいっても自身の本質に関係している経絡ですから。

  • 普及会では基本のツボとして背骨の両側に温灸を行うことを指導していますが、どうですか?
    背骨の両脇には膀胱経が走っていますから、両方に当てるとベストでしょう。ビワ温灸は悪い箇所ほど熱い、痛い、くすぐったいなどの反応が出ますね。
    本当に疲れている人は頭がブヨブヨしています。後頭部がモヤーッと赤くなっている。また、腕の後ろ側を触ると痛がります。こういう状態は危険信号です。
    逆にいうと、そういう箇所に温灸を当てると良いということです。抗ガン剤を使っている人でもビワ温灸により副作用が少ないなど目立った違いが見られます。

  • ビワ温灸を行うようになってから家族のふれあいが増え、親子仲や夫婦仲が良くなったという話を耳にします。情緒の観点からも良い影響を及ぼしていると言えますね。
    確かに。それは内観療法に繋がります。親が子に対して、子が親に対して尽くし合う行為によって病気が改善していく。治療にはそれが一番大切です。
    ビワ温灸は気持ちが良く手軽にできるのが特徴です。
    楽しみながら続けてください。

  • ありがとうございました。

『ビワと健康』  2003年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > 統合医療の新時代に向けて