85歳で新しいサロンをオープン

【活躍する人たち】
憩いの部屋「びわの実」代表
濱松鈴代 さん

埼玉県に住む濱松鈴代さんは、今年11月で85歳。一昨年にビワ温灸の指導員の資格を取得、さる10月10日、埼玉県狭山市に憩いの部屋「びわの実」をオープンしました。
今回は「ビワ療法を通じて皆が健康になる方法を伝えたい」という濱松さんにお話を伺いました。

原因不明の熱に襲われて

今から30年前、55歳の時に突然原因不明の熱が出たのが始まりです。
当時、うちは小さな運送会社をしていました。子供を4人育てながら、経理から若い従業員の世話から、それこそ無我夢中で働いていました。病気になったら医者が治してくれると思っていたので、多少の無理は平気でしていました

そんなある日、結婚した娘の家に招かれたのですが、調子が悪くなったので横になっていました。そして、夜になると全身が真っ赤な火ぶくれのようになり、40度を超える高熱に見舞われたのです。
慌てて救急病院に行ったのですが、あらゆる検査をしても原因がわかりません。熱さましの注射を打っても、一時間もするとガーッと上がります。それが10日も続きました。
たまたま娘の友達に国立王子病院で看護師長をしている人がいて、その人に電話をしたら、「それと同じ症状の患者さんを助けた先生がいるから、すぐ連れておいで」と言ってくれました。

王子病院に転院して、3日間、無菌室で検査をされました。そして先生がおっしゃるには極めて悪性の強い菌が体に入り、体中を巡っている状態とのこと。そして「僕には助ける方法がない」と言われたのです。
「その菌を殺す薬はあるが、使うと赤血球と白血球のバランスが崩れて確実に植物人間になる。どっちを選びますか?」と言うので、「私は死ぬんですか?」と聞くと、「いや、自分の生命力と自然治癒力が強ければ助かる。それだけが頼みの綱です」と言われました。「熱冷ましの薬を打っても、それが菌を刺激して余計に熱が出てしまう。僕にできるのは栄養剤の点滴だけです」と言われたのです。
無菌室に運ばれる時、先生が耳元で「濱松さん、生きてください!」と言った声が今も耳に残っています。どんな思いだっただろうと思うんです。

それからは熱との闘いでした。一ヶ月経ってようやく熱が下がったのですが、体力が落ちてしまって歩くこともできなくなっているので、歩く練習から始めて約一ヶ月。さらに三ヵ月目は最後の菌が気管に入ったため、喘息のような咳との闘いでした。
ようやく退院することになったのですが、一年間は絶対に人混みに入らないようにと言われました。そして「気管支に入った菌はあなたが死んで火葬場で焼かれるまで死なない。若い間はいいけど、年を取って免疫力が落ちるとどんな悪さをするかわからない。どんな薬に反応するかもわからないので、薬を飲むときは自己責任で飲んでください」と言われたのです。
とにかく、それまでの常識が全部ひっくり返った状態です。病気になったら医者が治してくれると思っていたのに、助けられないと言われたことです。これはどういうことだろうと思いました。

それから一年間は車の運転どころではなく、ひっそりと暮らしていました。でも、その間に人間の体について勉強をしたのです。東洋医学に首を突っ込んでいろいろ勉強しているうちに、血液が大切だということがわかりました。さらに血液を造るのは食べ物だとマクロビオティックの勉強もしました。

17年続けた介護の日々

その後、また運送の仕事に復帰しました。しかし63歳になったとき、娘に勧められてリタイヤし、茨城県の土浦に小さな家を建てて、趣味を中心とした生活を送ることにしました。
ところが引っ越して早々、友人から近くに住む老夫婦の家政婦をしてほしいと頼まれました。やむなく一ヶ月だけの約束で引き受けたのですが、ご主人に気に入られ、「この年寄りを見捨てるのか」とまで言われて、結果的に17年も2人の介護を続けることになったのです。
でも、この期間にもいろいろと勉強できました。二人を何とか楽にしてあげようと、食事法や足もみの反射区も勉強しましたし、ビワに出会ったのもこの時です。しかもただ勉強するだけでなく、二人のおかげですぐに学んだことを実践できました。
ご主人を見送り、奥さんのほうも見送った時、79歳になっていました。それで、仕事を辞めて所沢に住む娘と同居することにしました。それから一年間は解放された思いで旅行に行ったり、遊び歩いていたのですが、仕事を終えて気が抜けたのか、ちょっと年を取ったように感じることがありました。

そんな時にカイロプラクティックに出会い、講習会に参加して、2回ほど施術をしてもらうと非常に調子がよくなりました。「この技術も勉強しないと損だ」と思い、82歳でカイロプラクターの資格を取りました。
それから3年ほどカイロをしていたのですが、年齢的に力を入れて施術するのは恐いですよね。それで原点に返って考えた時に「ビワだ」と思ったのです。
原点は血液の浄化、血液をきれいにするのは食べ物だけど、即効性はビワのほうが優れています。それで、ビワ温灸をしながら、マクロや手足の反射区など、これまで私が学んできたことを伝えていこうと考えたのです。

指導員の資格を取得

ビワの効果を実感したのは東日本大震災がきっかけでした。
あの日、私は休みをもらい、水戸へ出かけていました。交通機関は麻痺していましたが、老夫婦の世話をするためにどうしてももどらなければなりません。それで、水戸から土浦まで、がれきの中を13時間歩いて帰宅しました。
がれきの中を歩いたので足は捻挫するし、転んで肋骨にひびは入るし、帰ってきた時は満身創痍の状態でした。しかし、どうしても病院で診てもらう時間が取れません。

そこで思い出したのが健康雑誌で見たビワの湿布です。ビワのエキスとサトイモの粉を混ぜ、湿布にして毎日貼っていたら、一ヶ月半で肋骨のひびも足首の捻挫も治ってしまいました。ビワってすごい、どうしてこんなすごいものが忘れられているんだろうと思いました。
それからビワについても勉強し、何かあった時にはビワの葉のコンニャク湿布や太もぐさのお灸、ビワエキスの湿布などをしましたし、人にも勧めました。

しかし、太もぐさを使ったビワ温灸は家庭療法として伝わっているものなので、資格や講習があるわけではありません。本があるから、自分で覚えてくださいという方式です。自分でやるだけならいいのですが、人に施術する時は、やはりきちんとした資格がないと不安です。
また、太もぐさは煙と灰が大変で、どこででもできるというわけでもありません。何かいいものはないかと探していた時に、ビワ温灸器のことを知りました。
さっそく連絡を取り、一日講習に参加しました。そして「資格はあるんですか?」と聞くと「指導員の資格が取れます」とのこと。それなら堂々と人に施術することもできるし、温灸器なら太もぐさと違って場所を選ばないなと思い、指導員の資格を取得しました。
以前の仲間がこの部屋を見つけてくれ、4月をめどに準備をしていたのですが、コロナのため延期。9月下旬に準備を再開し、10月10日にオープンしました。

自分で実践してほしい

もし病気で倒れなかったら、突っ走って突っ走って、何でも自分でできると自信満々で、もうあの世に行っていたかもしれません。17年の介護の生活があったからこそ、いろいろな勉強をすることができたました。そう考えると、すべては自分のためだったなあと思うのです。
そして、大勢の人に守られて今まで生きてきたのだから、ちゃんと助けてもらった恩を返しておきたいと思うんですね。

健康でありたいと思うのはみんな同じですが、その方法を知らないんです。だから、その方法を教えてあげたい。私がやっていることは、全部家庭でできることなんです。だから、一つでも覚えて、家に帰って実践してみてほしいと思います。
お金出して治してもらうと楽かもしれないけれど、それでは長続きしません。「自分でできるようになれば、好きな時に好きなだけできるんだから、そのためのビワ温灸器ですよ」と言うんです。
湿布だって、病院でやってもらうと、せいぜい週1回ぐらいしかできません。でも、自分でビワのエキスの湿布をすれば、毎日朝晩取り替えることができます。
子どもたちにも、医者に行くのなら、その前にビワ温灸を当ててから行きなさいと言っています。そうすれば飲む薬も少なくて済むんだからって。
風邪をひくのだって胃腸が弱って疲れているのだから、まず胃腸を元気にすればいいんですよ。だからコンニャク湿布を当てて、ビワ温灸をすればいいんです。

ビワ温灸をやりながら、今まで勉強したことを全部使って、少しでもみんなが楽になるように教えてあげたい。
転ばぬ先の杖というように、私みたいに病気しないようにと伝えているんです。自分でできるんだから覚えてほしいんですよね。
だから、ただ施術するのではなく、半分はそういうことを教える部屋にしたいと思っています。

◎連絡先
憩いの部屋「びわの実」
埼玉県狭山市入間川1436−1 マリブ2階
TEL:090−7176−7373

『ビワと健康』  2020年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワのある店 > 85歳で新しいサロンをオープン
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。