ストレスが病気の大本

神奈川県川崎市 MJCヘルスリカバリーセンター 清田邦夫 院長

大きな病気ではなくても物凄いストレスを抱えていて、問診を受けている間に泣いてしまうような人たちが何人もおられます。

まだ施術もしてないのに泣いてしまう。皆さん色々な所を巡ってきて、それでも良くならず、中には怖い先生もいたりして・・・。ここで初めて「その症状の解消は可能です。今日取ってあげますね」とお伝えすることで、『やっと出会えた。この苦しみから解放されるんだ』という安堵心から溢れる涙なのです。

実際、施術が終わると笑顔で帰っていかれます。
但し、体のだるさは2〜3日続きます。辛さから楽に変わる落差があまりにも大きいからです。その主力となる施術がビワエキス全身温熱療法です。

ストレスによる強い症状の改善には特定の部位というよりは全身の施術が必要で、通常1回の施術で1個使用するビワ温灸用カセットも、私の場合は体の片面だけで1個を使いきってしまいます。
つまり、うつ伏せで1個、仰向けで1個。うつ伏せの施術が終わってカセットを交換すると、新しいカセットが温まるまでに時間を要します。その間にレイキヒーリング、オキシトシンマッサージを行います。
レイキヒーリングは、癒したい愛の思いが重要で自分自身の癒しが満ち溢れてきた状態でなされ、これを”本氣”と言います。この本氣こそがレイキであり、体に触れなくても、皆さん、感じると仰います。
オキシトシンマッサージのオキシトシンとは、本来外から与えられるものではなく本人から出るものですが、ストレスによって緊張し体が反応出来なくなっているのです。
どんな施術によっても血流が改善しない、筋肉がほぐれない等々あっても、これを施すと体が緩んでヘロヘロの状態になります。
ビワ温熱、レイキヒーリング、オキシトシンマッサージ。この三つの併用で効果は絶大です。

三種の施術を併用

施術の流れはこうです。うつ伏せでビワ温熱を背面全体に入念に行い、エキスが切れたところでカセットを交換。新しいカセットが温まる時間を用いてレイキ、オキシトシンを行い、仰向けの姿勢に移行。そのまま二つの療法(トータルで30分程度)を続行。新しいカセットが温まったところで、さらにビワ温熱療法を全面全体にしっかり施して終了となります。
ビワ温熱療法は足の先から頭の天辺に至るまで文字通り全体、全身に施します。
ストレスを抱えているとコルチゾールというホルモンが出過ぎて自律神経を委縮させ、興奮状態にあるので眠れなくなり、血管も縮んだり、筋肉も硬くなっていき、酸素が送れないなど様々な支障が起きてくるわけですが、少しずつ積み重なっているものだから本人は気付かない。
ストレスを溜め込んでしまった結果として肩こり、腹痛、腰痛といった諸症状が出てきているのであって、そういう症状に対して対処療法的な治療を施したところで改善しないのです。
本当の原因は何かを見極め、相応しい施術を選択するのが、私のやり方です。

ストレスに伴う症状で苦しむ人は、バリバリ働いている世代に多く、特に30代の女性が目立ちます。
一見して分かる人と外見上は何ら問題がなさそうな人がいます。意外と辛さを口にされる人より、平気そうな顔をされている人の方が重症な傾向が見られます。
深刻な症状に至るギリギリまで我慢してしまうためで、例えば異常に両足が硬くなり、ふくらはぎがつって膝を曲げても眠れない状態に陥っている。それでも病院では原因不明と診断され、どこに行ってもなかなか改善しないなどです。
うつも原因は同じです。抗ストレスホルモンといって、ストレスがかかるとコルチゾールというホルモンが出ます。癒すためのホルモンですが、それが出過ぎると、脳神経細胞を委縮させ諸症状を引き起こすことに繋がってしまいます。
殆どの病気の大本がストレスです。勿論、食生活や生活習慣といった要因は沢山ありますが、大本はストレスであって気づいていないだけなのです。
但し、ストレスの原因は人それぞれで、きちんと見抜いて適切な施術をしないといけません。それゆえ、うちではいくつもの施術方法を取り入れています。

ビワ温灸の鎮痛効果

その一つがビワエキス温熱療法で、皆さんに非常に喜んで頂いています。
オキシトシンは、コルチゾールを打ち消す力を持っています。最も代表的な例がお産です。
陣痛は何回も来ます。その激痛の合間、力が抜けて痛くない状態の時にオキシトシンが出て、1回目の陣痛の痛みを消してくれます。
2回目、3回目も同様にオキシトシンが働くので出産が出来るのですが、それでも『もう二度と出産はしたくない』と言われるほどの激痛です。
ところが、お腹を痛めた赤ちゃんに授乳するときは大量のオキシトシンが出て陣痛をも打ち消す幸福感に満たされ、それにより乳離れする頃には、前回の辛さを忘れて再度お産に挑める心境になれるというのです。
どこか体をぶつけたとき、「ああ痛い」と言ってぶつけた箇所をさするのにもそういう効果があるのですが、重いストレスを抱える人は、自分でさすっても症状は取れません。
強烈にオキシトシンを作り出してあげなくてはいけない。中途半端な施術ではどうにもなりません。
愛情を込めて、レイキを出しながら全身をゆっくりさすってあげます。すると体はどんどん温まってきて血流が良くなります。
そこにビワの温熱が浸透し、ご自身の力によるオキシトシンを促進させてあげることで完全に体が緩んでいきます。
そして、早く帰って眠りたいと体が要求してきます。

副鼻腔ガンの女性(65)も正にそうでした。
彼女は30代半ばで離婚を経験し、二人のお子さんを育ててこられましたが、やはり凄いストレスで13年前に副鼻腔ガンを発症してしまいました。
腫瘍は蝶形骨の辺りまで達していて危険を伴うとの判断で鼻骨の途中まで切除されています。
手術から年月は経過し、再発や転移は恐らく大丈夫と捉えておられますが、ガンについては強い関心があり、ホームページを見て私の取り組みに賛同して下さり、訪ねてみえました。
この方の場合、自然治癒力の連携が阻害された部分があって、正常に働かなくなると免疫が下がり、色々な症状が表出する状態にありました。
初めていらしたとき「先生、私汗をかくと、その間、凄く具合が悪くなるんです」と仰いました。
全体的に自律神経が乱れていたわけですが、施術を終えて帰宅される途中、好転反応が強く現れ電車で乗り過ごしてしまったのです。
眠くて眠くてどうしようもなかったけれど、久しぶりに電車内のエアコンが心地好かったそうです。
汗をかいて冷えると途端に体調が崩れるので嫌いだったのに、1回の施術で変わってしまった。
「先生、私の自律神経は正常に戻りました」と喜ばれましたが、症状が重い人ほど好転反応は強く、何回も出ます。
その後も何回か電車で乗り過ごしたようでしたが、好転反応が収まった時点でかなり正常に近づいたことが感じられ、次の段階の施術に移行されています。

腎臓疾患にも活用

腎不全の女性(64)は週2回血液検査をされていますが、徐々に悪化していた状態で、医師から「もう透析した方がいいですよ」と勧められたそうです。
その時点でうちに来られ、検査結果を見せて下さいました。
「まず、透析の方向に行かないようストップさせましょう」
施術を始めて現在1年半が経ちました。当時、周りにいた患者さんたちは全員透析に入っているそうですが、この方は透析はしていません。

同時期にいらしたのは糖尿性腎症の男性(70代)で、まるで象のように手足がむくんでいました。
最終的に尿毒症を危惧して「1回透析をやって下さい」とお伝えし、透析でむくみは取りました。
ところが、その際、病院内で転倒し、大腿骨を骨折して3ヵ月間ベッドに横になっておられました。
筋力も体力も低下して寝たきりの状態になりましたが、その後復活され、現在も週3回うちに通われています。
この方はアルツハイマーがあり、慢性疾患を抱えて寝込んでしまえば大変なことになってしまいます。
初めていらした時はヘモグロビンの数値が異常に高く、インスリン注射を打っておられました。
半年ほどで注射が必要なくなり、ご本人、ご家族とも非常に驚かれ、感謝されました。
物理学者であり、会社を経営され、全国の製薬会社を回っておられる方なのでいくらでも医師はご存知ですが、うちの施術に信頼を寄せて下さっています。

勿論、ビワ温熱は行っていますが、それだけでは無理です。
アルツハイマーには脳に磁気刺激を施して復活を図り、筋肉の可動域も復活させ、バイオリズムを正し、波動療法で生体恒常性維持機能を正常に導く方法により糖尿の解毒、排泄を促す。
ビワ温熱は、腎臓が厳しい時期に用いました。
いかにして生体恒常性維持機能、自然治癒力を正常に戻すかが大切で、免疫力の強化は次のことです。
私の施術の全ては生体恒常性維持機能を正常にさせること、それが目的です。
その中の一つの手段が、ビワ温熱療法なのです。

◎MJCヘルスリカバリーセンター
神奈川県川崎市多摩区登戸2667−2F
TEL:044−934−9283

◎「MJCヘルスリカバリーセンター」に関する体験談

『ビワと健康』  2017年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ストレスが病気の大本
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入