末期ガンのケアにビワを併用

神奈川県川崎市 MJCヘルスリカバリーセンター 清田邦夫 院長

大腸ガンを手術した女性(56)は、その後、肝臓や肺など全身に転移して末期の状態でした。
抗ガン剤を何種類か使ったものの効果がなく、友人から「ビワの種が良い」と情報を得たそうで、インターネットで検索して訪ねてみえました。
この方の状態を聞き、私はビワの種(錠剤タイプ)とともに酵素と腸内細菌を整える2種類のサプリメントをお勧めしました。
のちにCBDオイルも加えて頂きました。

最初に来られたのが5月初旬で、サプリメントのみ購入されていましたが、しばらく経って施術をお勧めしました。
8月初旬から本格的に施術を始めましたが、お腹に縫合痕があり、「これはどうしたのですか」と尋ねると「手術で腸を取りました。でも直腸とかは取っていないのであまり不自由していません」との返事でした。
人工肛門ではないし、仕事もちゃんとこなしておられましたが、体が辛いことは感じられました。
施術の内容は、手技ではオキシトシンマッサージとレイキヒーリングを組み合わせたものとビワ温灸、さらにストレスに効く当該仙骨療法を行いました。

複数の療法を用いた施術なので最低でも1時間は掛かります。
ビワ温灸も全身くまなく当てるので1回分のエキスでは足りません。
施術の途中で新たに充填せざるを得ず、再度カセットが温まるまで十数分掛かるので、その間にレイキヒーリングとオキシトシンマッサージ、ホルモンの分泌を促す療法を施すのです。
施術後、「こんなに体が楽になると思わなかった」と驚かれ、「ぐっすり眠れるようになりました」と喜ばれました。
病院では手術や抗ガン剤といった辛い治療ばかりだったので、心地の良い施術に感動されていました。

抗ガン剤について「先生、抗ガン剤が効かないから違う抗ガン剤になるんですけど、どうしたら良いですかね」と尋ねられました。
私は「止めるという選択肢も一つありますよ」と答えました。
ガンが全身に転移した状態で効かない抗ガン剤なら止めるべきという話ですが、私が断言する立場ではないので方法の一つとして提示させて頂いたわけですが、翌日彼女は「止めました」とのことでした。
以来、彼女は週1回のペースで施術を続けています。
60兆個の細胞を活性化させる酵素。肝機能を高め、解毒させることで体の中の環境を整えるビワの種。そして、腸内細菌を整えて、細菌の力、恩恵で体の免疫力を上げるサプリメント。これらは、それぞれに優れた働きをします。
私はこのサプリメントの三本の柱を”神の恩寵”と呼んでいます。

サプリメントにせよ何か一つに固執するのではなく、むしろ私は良いものを複合的に用いることで改善が得られると考えています。
末期のガンですし、劇的に治ったというものではありませんが、彼女は希望を持って前向きに精一杯取り組んでおられます。

◎MJCヘルスリカバリーセンター
神奈川県川崎市多摩区登戸2667−2F
TEL:044−934−9283

『ビワと健康』  2016年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 末期ガンのケアにビワを併用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入