乳幼児の風邪にも活用!

宮崎県宮崎郡 びわ温熱療法こころ 山口キヨ子 代表

私の次女(28)には二人の子供がいます。上は男の子で4歳、下は女の子で、まだ赤ちゃんです。今回は、その赤ちゃんの改善例をご紹介します。

生後5ヶ月のとき鼻詰まりや鼻水といった風邪っぽい症状が出て、幾分辛そうにしていたので早速ビワ温灸を試してみました。

さすがビワ温灸。期待を裏切らないというか、私も娘も感心するほどにスーッと鼻通りは良くなりました。
この改善例を人に話すと「えっ、5ヶ月の赤ちゃんにビワ温灸ですか?大丈夫なんですか?」と驚かれます。
もちろん相応の対処はしました。本当に小さな鼻ですから直に温灸器を当てることは出来ません。
鼻の下に少し離して温灸器をあてがい、立ちのぼる温かい蒸気を嗅がせる程度のやり方で、時間も1回につき3〜5秒くらいと短時間です。
小鼻の両脇だって直には当てません。ここにも少し離した位置から熱を加え、交互に5〜6回繰り返しました。

また、風邪のツボとして知られる「風門」には5秒ほど数回繰り返して当てていきました。
例え赤ちゃんであっても背中は顔と違って直に当てても大丈夫です。ほんのりと赤くなるのを目安としました。
この方法を1日3回行なって症状は収まり、翌日も少し鼻水が出ていたので同様に3回施しました。
結果、2日間できれいに収まりました。

小さな赤ちゃんだけに病院に連れて行っても薬の処方は考えにくく、「それだったらビワ温灸をやってみようよ」と娘と話し、試したわけです。
それというのも、4歳のお兄ちゃんも風邪をひいて咳が出たりすると胸部にビワ温灸を行なっていますから手慣れたものです。

帝王切開、乳腺の張りをケア

そもそも母親である次女自身、ビワ温灸では大いに助けられています。
彼女は二度の出産とも帝王切開でしたが、ビワ温灸を当てると傷口の痛みが和らぎ治りが早いのです。

それに最初の出産時にビワ温灸を行なっていたせいか、ともすると癒着など起こして汚くなる部位がとてもきれいで担当医から感心されたほどでした。
また、長女も乳腺炎までいかないもののお乳が張って痛んだときや断乳に伴う張りについてもビワ温灸を活用しました。

出産後、お乳が張って硬くなるとマッサージが必要になりますが、それは非常に痛くて辛いものです。
その点、ビワ温灸を当てれば痛みは全くなく、お乳もスムーズに出てあっという間に柔らかくなります。
とにかく、わが家は家族全員ビワ温灸の愛用者ですから大人も子供も赤ちゃんも何かあったらすぐにビワ温灸となるわけです。

◎びわ温熱療法こころ(ご紹介はこちらです。)
宮崎県宮崎郡清武町今泉乙2863−17
TEL:090−9490−5289

◎「びわ温熱療法こころ」に関する体験談
『ビワと健康』  2013年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳幼児の風邪にも活用!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入