乳腺炎が一気に改善!

宮崎県宮崎郡 びわ温熱療法こころ 山口キヨ子 代表

昨年11月、私の娘(24)が出産をしました。帝王切開だったことで3日ほど母乳が与えられず、4日目から授乳を開始したものの赤ちゃんの吸う力も弱く、お乳が張って乳腺炎を起こしてしまいました。

右腋の下が2〜3センチ盛り上がりガチガチに張って、看護師さんに腋の下から絞るようなマッサージをしてもらっても良くならなかったのです。

「冷やすと良いですよ」とアドバイスされて冷やしたり、自分でもマッサージしてみたようですが効果はなく、辛い思いをしていました。

心配になった私は入院4日目に遠赤外線のビワ温灸器を持って面会に行きました。病院では冷やせというけれど、私には『きっとビワのほうが良いだろう』という思いがあったのです。
かつて娘も胃もたれ等でビワ温灸の良さは体験済みだっただけに温灸器を見るなり「良かった〜」と喜びました。

ビワ温灸器は二つでワンセット。左右に持ってポイントに当てていきますが、何ぶん病院には内緒なので一つだけ持参しました。

娘はその夜早速、腋の下から乳房全体にビワ温灸を当てました。

翌朝、固まっていた腋の腫れは収まり、お乳を出すためのマッサージも全く痛まず、母乳が自然に出るようになったのでした。

1回のビワ温灸で乳腺炎は改善したのです。また、動かないので腰も痛かったらしく、退院まで毎晩当てて「楽になった」と喜んでいました。 娘は退院後もすっかり気に入り、腕や肩に当てたりしています。

痛いマッサージを受けずに済むわけですから全国の妊婦の皆さんにビワ温灸の存在を教えて差し上げたい気持ちです。

◎びわ温熱療法こころ(ご紹介はこちらです。)
宮崎県宮崎郡清武町今泉乙2863ー17
TEL:090−9490−5289

◎「びわ温熱療法こころ」に関する体験談
『ビワと健康』  2010年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳腺炎が一気に改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入