ガンの冷えにビワ温灸

東京都北区 ヒーリングサロンめぐみ 高松晃子 代表


乳ガンの女性(52)は、自然療法研究家と言えるほどの方で、主婦ながらアロエを沢山栽培して人にも分けておられたそうです。

食事にも気をつけ、『私はガンになるはずがない』と自負されていただけに青天の霹靂だったのです。
相当悩まれ、宣告を受けてからはガンについて一から勉強し、徹底した玄米菜食と1日3回のビワ温灸を始められたのでした。

すでにビワ温灸は熱心に取り組まれていましたが、真面目な性格の方で、「きちんと学びたい」と言われて一日講習会を受け、さらに後日、指導員講習も受けられたのでした。

以前は自分の身体が冷えているなどとは露とも思わず、素足でいても全く寒くなく、冷え症とは無縁と考えていたのだそうです。
知らず知らず何十年も体を冷やしてきたことを反省しておられましたが、足を触らせてもらうと確かに冷たく感じられました。

ガンとわかってからは体を温めることに専念し、夏でもお腹周りに白金カイロを5個つけて来られ、冬にはズボンを二枚穿くなどの徹底ぶりでした。

また、ガンの患者さんの集まりに手術をせずに治っている人が何人かおられ、「私も絶対に切らないと決めました」とおっしゃっていました。 この方の理論は、「転移するときがチャンスで元々のガンが弱まっている時期だから一気に退治するのが治りやすい」というものでとにかく前向きに取り組んでおられます。
病院に行かないので検査はしていないけれど、自身の感覚では腫瘍が小さくなった気がすると話しておられました。

ガンであっても顔色が良く、肌もツルツルという方が結構多いのですが、この女性も顔にはシワ一つなくツルツルで髪の毛も黒々としてきれいです。
現在は、自身でケアをしつつ、病気で悩んでおられる方たちに色々教えてあげておられます。

新薬でガンが消えた

「英国での生活はすごく楽しかったけど、いま考えると張り切り過ぎていたのかな・・・」と語る女性は、ご主人が英国に駐在し、家族四人で暮らしていたところ突然ガンを宣告され、治療のために帰国してきたという方でした。

英国の病院では余命宣告を受けたそうで、必死に治療法を探しておられました。
うちのことはカナダの人から聞いたそうで、「好いと言われるものは何でも試してみたい」と訪ねて来られたのです。

この方はビワ療法もされましたが、金田の友人の報告では最終的に新薬を試してガンが消えたとのことでした。
もちろん、一番重要なのは、病気が完治することですが、病気になった原因をきちんと把握することが予防の意味でも大切です。

ガンになった人の多くは、「なんで私が?」と口にします。酒もタバコもやらないし、特に体に悪いこともしてないのに・・・と。
しかし、どこか無理をしているのです。

例えば、夫に喜んでもらうのが嬉しいからと甲斐甲斐しく尽くす半面、外出して人に会うとひどく気疲れしてしまう人などは、無意識のうちに夫に依存していることがあります。

また、厳しい母親に育てられ、禁欲的でハメを外すことが出来ない人は、「こうあらねばならない」と自らを縛っているのです。

ガンでなくても、OLの方など自律神経失調症や子宮筋腫といった症状が出てきます。
それと、生理を嫌っている人もかなりいます。
毎月苦しい思いをして、すごく損をしていると考えておられるのです。

そうした個々の課題が解決されないと、本当の健康は取り戻せないので私は家庭環境についてしっかり伺い、ご本人に気づいて頂けるよう努めています。

◎ヒーリングサロンめぐみ
東京都北区西ヶ原1−58−11
TEL:03−5961−0261

◎「ヒーリングサロン めぐみ」に関する体験談
『ビワと健康』  2008年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ガンの冷えにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入