愛猫の一大事にビワパワー

宮崎県宮崎郡 びわ温熱療法こころ 山口キヨ子 代表

うちには茶色のキジ猫がいます。名前はチョビ。性別はメス。
怪我をしていた捨て猫だったので年齢は不詳です。

チョビの怪我は、頬と首の2カ所に5ミリ程度の穴が開いていて膿が出ていました。

また耳だれも常時出ており、恐らく何かに噛まれて化膿している状態でした。
動物病院で診てもらったところ、「穴は貫通しているようです」と言われ、点耳薬と化膿止め(抗生剤)が処方されました。

薬を使い始めてから傷口そのものは塞がりましたが、化膿については腫れたり引いたりをくり返し、耳だれは一向に収まる様子はありませんでした。
しばらくそうした状況が続きましたが、とうとう右の顔が変形するまでに腫れ上がってしまいました。

首にもしこりが出来ていて、「元気そうではあるけれど切開手術が必要かもしれませんね」と言われたのです。
相変わらず耳だれは出ているし、顔が腫れて餌を食べるのさえ辛そうにしている姿を見ながら、『そうだビワ温灸をしてみよう』と思い試してみました。
今までは腫れに関しては薬で何とか収まっていたので、自分の意識としては耳だれが良くならないものかと期待をしたのです。

猫は熱いのを嫌がります。
ダッコをして手足を押さえ、耳の周辺と腫れ上がった顔に温圧を施しましたが、しばらく当てているうちに首に宛てがっている私のてのひらがじっとり濡れてくるのに気がつきました。
首の傷口から血液と膿が混ざったものが勢いよく出てきたのです。
見る見る首のしこりが消え、顔面の腫れも引いてきて「ああ、これで全部出し切っているね〜」と思わず言葉にしたほどで、治ることを直感しました。

何ヶ月もくり返した顔の腫れは一切なくなり、ずっと続いていた耳だれもそれから2、3日してピタッと止まり、本当の健康になりました。
顔の腫れと耳だれは別物ではなく、中で繋がっていたことがわかりましたし、薬で抑制する治療ではなかなか完治しないことも実感しました。 元気になったチョビは、今年になって2回出産しました。
避妊手術の目的で動物病院を訪ねた際、短期間での出産の影響かあるいはどこかで農薬か何かを口にしたのか肝機能の値(おそらくLDH)が以上に高くなっており、投薬治療をうけることになりました。
治療を受けつつも、もちろん家ではせっせとビワ温灸をしてやりました。

ほどなく数値は平常値まで下がり、順調に改善に向かいました。
チョビを通してビワの威力に驚きつつ、私は私で肩こりや腰の痛みにはビワは欠かせず、いつも感謝して愛用しています。

◎びわ温熱療法こころ(ご紹介はこちらです。)
宮崎県宮崎郡清武町今泉乙2863−17
TEL:090−9490−5289

◎「びわ温熱療法こころ」に関する体験談
『ビワと健康』  2007年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 愛猫の一大事にビワパワー
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入