不眠症、冷えにビワ温灸

東京都北区 ヒーリングサロンめぐみ 高松晃子 代表

不眠症の方に、ビワ温灸が喜ばれています。

30代の女性の場合は、仕事のことや将来への不安などから夜布団に入っても明け方まで眠れない人が多く、50代の女性では更年期障害によるものが多い傾向にあります。

その背景には法の整備により女性が男性並みに仕事ができるようになった反面、体力的には辛いという例も結構あります。
残業で終電近くまで働き心身ともに疲れ果てて床に就いても午前2時、3時ころまで寝つけないというのです。
そういう方の多くは心療内科や内科で入眠剤をもらっていても薬を常用することに抵抗があり、何か代わるものはないかと探していたと言われます。

殆どの人がビワ温灸は初めて。「お灸ですか?熱くないですか?痕は残りませんか?」と心配されますが、いざ施療をうけてみるとそんな不安はかき消え、とても満足されます。
しかし、仕事そのものは変わらないのでストレスや疲労が溜まってくると再び来られるわけで、30代の方たちは大体3週間に1回くらい通われます。

50代では更年期障害が大半で、夜中に何度も目が覚めると言われます。
時間やお金に余裕があり2週間に1回くらい通われる方が多いようです。

いずれにしても圧倒的に多いのは、「ビワ温灸を受けた日はよく眠れる」という声です。
体が温まるとともに心が落ち着いて緊張感が取れ、『自分に気持ち良いことをしてもいいんだな・・・』と、自身を許す感覚が得られると言われます。
ビワ温灸を行なう部位は全身の基本のツボと腰から首までの背骨周り、さらに頭部、腹部などです。

また、冷えを抱えている方も多く、比較的若い世代の女性が冷え性で悩んでいます。
職場の男性が暑がりで冷房の温度を低く設定するとよく耳にします。
ところが、そうした環境下にあっても自身の冷えに気づかず、薄着や素足で過ごしている方もいます。
「ソックスをはくと肩こりや便秘が改善しますよ」とアドバイスするとびっくりした顔をされます。

「暑い夏にビワ温灸は暑くないですか?」と質問されることもありますが、程よい温度に設定された部屋でのビワ温灸はむしろ気持ちが良く、冷え性の体には最適です。ちなみにうちの施療室は28℃に設定されています。
ビワの入浴剤も「体が温まる」と人気で、化学薬品が入っていないので風呂釜も痛まずとても重宝がられています。

◎ヒーリングサロン めぐみ
東京都北区西ヶ原1−58−11
TEL:03−5961−0261

◎「ヒーリングサロン めぐみ」に関する体験談
『ビワと健康』  2006年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 不眠症、冷えにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入