びわ温熱療法 こころ

宮崎県宮崎郡清武町今泉乙2863−17 TEL:090−9490−5289
(電話は、PM1:30 以降にお願いします。不定休)


西洋医学のもつ矛盾点を肌身で感じていたときにビワの葉温熱療法と出会い、自身の腰痛症を短期克服。

それを契機に、「いずれは・・・」という思いを抱いて研鑽を積み、10年の歳月を経て今年3月、『びわ温熱療法 こころ』を開設した山口キヨ子さん。
ざっくばらんな性格と「ツボを探すのが大好き」という熱心さがうけ、着実に基盤を作りつつある。

話を聞いた。
  • 治療家を志したきっかけは?
    長年、看護の世界に従事する中で西洋医学の長所と短所を肌で感じ、いつか自然療法を主体にした施療をしてみたいと思っていました。
    平成7年に腰痛症を患った際、知人に紹介されたびわ温圧でみごとに短期改善し、それがきっかけで同療法を学び、習得しました。以来、ボランティア的に続けてきましたが、子供が成人したこともあり、今年3月思い切って開業しました。

  • 施療の特徴は?
    とにかくツボを探すのが大好きで、病院に勤務していたときから時間があると入院患者さんの首や肩を揉んであげていました。
    びわ温圧も取穴の点は同じです。まず、お客様の状態を見るため手技で圧痛点(しこり)、内臓体壁反射を探します。そこを重点にしてビワ温灸で全身施療を行ないますが、さらに肩や顔へのツボ刺激、リフレクソロジー(東洋式と西洋式の両方)等を併用することで手当ての心地よさがプラスされます。腹部へのビワエキス温パックも行ないます。ほかには遠赤外線サウナや耳ツボ療法、まつ毛パーマ(娘が担当、予約制)等も行なっています。

  • ビワ温灸の良い点は?
    …砲澆鯊やかに取る即効性、⊆然治癒力を高める、リラックス効果の3点が優れていると思います。
    ビワ温灸でコリをほぐしてから手技を行なうと身体が芯から楽になり、とても好評です。

  • お客様へのアドバイスは?
    長年の経験から病院で診てもらう必要があると感じる方には、検査を勧めます。
    例えば、レントゲンで圧迫骨折が判明し、外科的治療を要する場合もあります。西洋医学と民間療法、双方の利点が活かされて早期改善が得られるようアドバイスしています。
    また、日常の姿勢や簡単な運動療法等もご紹介しています。

  • ビワ療法の改善例は?
    以前、五十肩の改善例を紹介しましたが、偏頭痛や腰痛症などは大体2〜3日で改善します。座骨神経痛は1ヶ月くらいです。術後の痛みも速やかに取れます。
    最近は、自律神経失調症や更年期障害の改善例が多いですね。

  • 信条を一言。
    真心を込めて、お一人お一人ていねいに施療する。それが信条です。身体だけでなく精神面でのケアも大事にしています。
    ストレスの多い社会ですから、悩みは全部『こころ』へ置いて帰ってくださいとお話しします。
    お客様が喜ばれることが1番です。

◎「びわ温熱療法こころ」に関する体験談
『ビワと健康』  2005年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > びわ温熱療法 こころ
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入