ビワの種で花粉症改善

高知大学医学部グループ


果物のビワの種から抽出したエキスが、花粉症などのアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎の症状を改善する効果があることが、高知大学医学部グループ(代表=西岡豊教授・薬剤部長)の研究で分かった。ビワ種エキスに花粉症の発症や炎症の慢性化に関係するとされる過剰な活性酸素の発生を抑える効果があり、臨床試験ではエキス入り飲料水の服用を続けることで、花粉飛散時期でも鼻の粘膜の腫れや鼻汁、目の充血などの症状軽減が認められた。
(高知新聞 2008年3月29日)

※西岡教授の研究の詳細については「びわ種子由来エキスの開発」をご覧ください。

●「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > びわ療法とは > ビワの葉療法の活用例 > ビワの種 > ビワの種で花粉症改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入